足袋シューズの新たな解釈、韓国発のシューズブランド・HUMANT(ヒューマント)とは

足袋シューズの新たな解釈、韓国発のシューズブランド・HUMANT(ヒューマント)とは

少しでもハイファッションに興味のある人ならHUMANT(ヒューマント)のアイテムを見てMaison Margiela(メゾン・マルジェラ)の足袋ブーツや、足袋ローファーが思い浮かぶのではないだろうか。インスピレーションは受けているかもしれないが、その解釈は至って新しいもの。 HUMANT(ヒューマント)は韓国発のシューズブランドとして、ストリートウェアを基盤にハイエンド感性を追求しており、 まだ見ぬプロダクトを生み出し続けている。そんなHUMANTから既視感のない、まったく新たなシューズをご紹介。

韓国発シューズブランドHUMANT(ヒューマント)とは

HUMANT(ヒューマント)」は人類を意味するhumanと数学の記号である「+」をアルファベットの「T」と表記して「人間に必要な価値を増やす」という理念で誕生した、今韓国で話題のメンズ向けシューズブランド。シンプルだけど高いデザイン性が評価され、数々の韓国ファッショニスタがへビロテしていることで話題を呼んでいる。 HUMANT(ヒューマント)はストリートウェアを基盤にハイエンド感性を追求しており、 独自のデザインを基に新しい商品を紹介して、その価値を人々と共に共有して楽しんでいるブランドである。 Humant (ヒューマント)|公式通販サイト

ジョナサン ブラック

"ジョナサン"と名付けられたこちらのスニーカーは、黒のアッパーと白のソールで構成されたベーシックなアイテム。しかし、つま先の足袋要素からタウンユースに最適でありながら、品を兼ね備えているというHUMANT(ヒューマント)ならではのクリエイションが如実に現れた一足となっている。 Jonathan/ジョナサン

ベンジャミン

レザーシューズである"ベンジャミン"の特徴も、そのつま先にすべて詰まっている。角ばったつま先というデザインを採用するだけで、他のレザーシューズとの差別化が図れる上に、品を忘れることはない。底上げされたヒールも見逃せないポイントの一つ。 ベンジャミン/Benjamin(matt)

エイブル ブラック(マット)

ブーツとして展開される"エイブル"はHUMANT(ヒューマント)のアイテムの中でも見逃せないプロダクトの一つ。特徴はタビのように割れたつま先、そして角ばったヒールというHUMANT(ヒューマント)が独自に生み出してきた代名詞的要素をこれでもかと詰め込んだ集大成のような一足。ブラックとホワイトの2色展開。 エイブル/Abel モードからハイエンドストリートまで幅広いスタイリングに合わせられるHUMANT(ヒューマント)のプロダクト。これだけのデザイン性と高級感を兼ね備えていながら、レザーシューズにしては破格の値段展開となっているのもその魅力の一つ。 また、サイズは22cmから0.5cm刻みで30cmまで展開されていることも、シューズブランドとしてのプライドが感じられる嬉しいポイントだ。 HUMANT(ヒューマント)のシューズを皮切りに、60%のアイテムで抜群なコーディネートを探してみて。
HUMANT(ヒューマント)の関連記事はこちら   【2021年最新】冬本番に韓国でレザーブーツを買い足す。HUMANTやCurettyなど各ブランドから優秀アイテムを選抜 | 60MAG(シックスティーマガジン) 【ブーツが人気!】韓国が誇るハイエンドシューズブランド HUMANT(ヒューマント)とは?手に入れられる通販サイト、おすすめのアイテムをご紹介 大人の足元はやっぱりレザーで HUMANT(ヒューマント)のレザーサンダル5選 | 60MAG(シックスティーマガジン)