少し不気味なのがいい。韓国ブランドDAZEDOZED(デイズドーズド)の奇抜なスマホケース特集

少し不気味なのがいい。韓国ブランドDAZEDOZED(デイズドーズド)の奇抜なスマホケース特集

DAZEDOZED(デイズドーズド)のスマホケースをご存知だろうか? DAZEDOZED(デイズドーズド)は、アイテムに少し不気味なグラフィックをデザインすることで奇抜なスマホケースを作るブランドだ。それぞれデザインの鋭さに個性があり、芸術感覚で楽しめるものから、人によってはギョッとしてしまうものまである。 今回は、スマホケースを手がけるブランドで一押しのDAZEDOZED(デイズドーズド)からおすすめのアイテムをピックアプしていこうと思う。暑い季節は着れる服が限られるため、代わりにスマホケースをお洒落に飾ってみてはいかがだろうか。

韓国ファッションブランドDAZEDOZED(デイズドーズド)

思わず二度見してしまう独特なスマホケースを作るDAZEDOZED(デイズドーズド)は、韓国を中心にSNSで話題となっているブランド。モノトーンな配色にアート感覚で楽しめるデザインを施したスマホケースが人気。スマホに個性を付与したいならDAZEDOZED(デイズドーズド)のアイテムを手に取れば間違いなく望みを叶えてくれる。
DAZEDOZED(デイズドーズド)のスマホケースについては、以下のリンクでさらに詳しく解説している。DAZEDOZED(デイズドーズド)は「アートを日常に」というコンセプトを掲げるブランドだ。芸術にインスピレーションを受けたブランドのこだわりをぜひチェックしてほしい。 アーティスティックなデザインが話題。DAZEDOZED(デイズドーズド)のアイテムでスマートフォンをモダンにアップデートしよう。  

モードの定番フラワーデザインをスマホに

ホワイトローズケース モードのイメージを強くする白い花をデザインしたスマホケースは、スマホ本体がブラックだとよりミステリアスな雰囲気を作り出すことができる。白いバラの花言葉は「純潔」で、確かにスマホケースからも清いオーラが感じれる。スマホをモードに変身させたいとき、白色のバラが助力してくれるはずだ。 ホワイトローズケース/WhiteRosePhoneCase,WhiteFont  

DAZEDOZED(デイズドーズド)節が効いた不気味さに注目

ファイブセンスフォンケース さて、こちらのスマホケースはDAZEDOZED(デイズドーズド)の芸術感性が爆発したデザインと言えるアイテムではないだろうか。人間の五感に着目し、それぞれのパーツを描いており、リアルな影やシワが不気味さを漂わせている。このような表現こそDAZEDOZED(デイズドーズド)らしい。引いてしまうか、心をくすぐられるかはその人次第だが、確実にスマホをユニークなものにできる優れたアイテムだ。 ファイブセンスフォンケース/FiveSensesPhoneCase,WhiteFont  

目に優しいアースカラーで地球を感じる

ナチュラルケース 私たちの生活に馴染みの深いアースカラーを用いたスマホケースは、優しい色合いで穏やかな心にしてくれる。スマホのボディーがシルバーだと、ケースのきれいさとマッチして良さそう。DAZEDOZED(デイズドーズド)は不気味一辺倒と思いきや、意外にも誰もが快く感じるものもあるので、隅々までアイテムを見ることをお勧めしたい。 ナチュラルケース/NaturalCollagePhoneCase  

エンジェルたちの会話が面白いケース

キューピットフォンケース こちらのスマホケースは、芸術分野でたびたび登場するエンジェルを乗せた仕様に。ここで注目したいのがエンジェルたちの会話で、何を射抜く予定なのだろうかと気になってしまう。エンジェルらしく人のハートを狙っていると願いたいが、言葉の荒さからして標的は違うようにも思える。何気ないメッセージの先を連想して楽しめるのもDAZEDOZED(デイズドーズド)のスマホケースならではの特性だろう。 キューピットフォンケース/CupidPhoneCase  

幻想的な蝶が舞うスマホケース

バタフライフォンケース 5羽の蝶が舞うデザインでどこか幻想的な世界観にしたDAZEDOZED(デイズドーズド)。かなり本物に近いグラフィックで、今にも飛び出してきそうなほどだ。魅惑的な蝶たちは、古くから縁起の良い生き物として人々に愛されてきた経緯を持つ。かの有名な織田信長家の家紋にもアゲハ蝶が用いられるほどだ。このスマホケースで、蝶の持つ力にあやかるのもいいのかもしれない。 バタフライフォンケース/ButterflyCollectionPhoneCase  

無数の視線を感じるアイテム

アイドローケース 多くの瞳を描かれたスマホケースは、奇抜なデザインでスマホを個性的に仕上げてくれるアイテムだ。中には目を閉じているものもあるため、動的なアートとなっている。DAZEDOZED(デイズドーズド)のスマホケースは目をデザインしたものが多く、こちらはどちらかというと控えめなほう。もっと刺激が欲しいならブランドページで、写実的な目を描いたスマホケースを探してみてはいかがだろうか。 アイドローケース/EyesDrawingPhoneCase,White  

エレガントなスマホに飾るならお勧め

レッドローズケース バラの花びらが散りばめられたスマホケースは、高級感のあるスマホに飾りたい人へ推奨したいアイテムだ。立体的な花びらたちは、チープな印象を与えないこだわられたデザインだ。ゴールド系のスマホに合わせれば、ゴージャスな雰囲気を高めることができるだろう。特別感を味わいたいときに付けるスマホケースとして持っておいてもいいのでは? レッドローズケース/RedRosePetalsPhoneCase,WhiteFont  

りんごを指さす手は何者?

ディテールケースH Appleのトレードマークであるりんごを指さす謎の手は一体誰のものなのだろうか。 芸術とリンゴから創造を膨らませると、個人的にはアダムとイヴの絵画が思い浮かぶ。禁断の果実に手を伸ばすイヴに対して、アダムが注意をしている描写に見えなくもない。遊び心の効いたスマホケースは会話のネタにもうってつけで、自分も周囲の人も巻き込んで楽しむことができそうだ。 ディテールケースH/Michelangelo,HandsDetailPhoneCase,HType  

スマホケースにメッセージ性を含ませて

オーバーシンクケース 数々の単語を並ばせたスマホケースは、DAZEDOZED(デイズドーズド)が発信するメッセージを感じれるアイテムだ。特にいまの時代だからこそ刺さるワードが散見でき、ストリートと芸術の感覚が合わさったスマホケースとなっている。チラチラ見える彫刻たちも、悲痛な表情を浮かべ何かを嘆いているようだ。ある意味カタルシス的な用途でこちらのスマホケースを活用してみるのも面白い発想ではないだろうか。 オーバーシンクケース/OverthinkingPhoneCase,BW  

抜け出したモナリザがキュートなケース

モナリザが着ていた服だけを残し、本体は絵画から逃げ出しているように見せた演出のスマホケース。横から顔をひょっこり覗かせたモナリザがかわいらしく、お茶目な表情に見えてくる。芸術作品でユニークに遊んだアイテムは、DAZEDOZED(デイズドーズド)のキュートな一面を覗けたようで、そのギャップがスマホケースの魅力を深めている。 モナリザフォンケース/MonaLisaIsOffWorkPhoneCase   DAZEDOZED(デイズドーズド)のような前衛的なスマホケースを手がけるブランドは珍しく、DAZEDOZED(デイズドーズド)でしか手に入れることができないアイテムが多くある。今年のファッションは自分だけが個性的な服に身を包むのではなく、スマホも一緒に独自性を確立させてみてはいかがだろうか。