ストリートスタイルに欠かせないパーカーの活用術を紹介

ストリートスタイルに欠かせないパーカーの活用術を紹介

パーカーはストリートスタイルを作る上で重要な役割をしてくれる。また、インナーやアウターとして活用できるのでオールシーズン需要のあるアイテムになる。種類も豊富でいくら持っていても困らないのも特徴だ。そんなアイテムのコーディネート活用術を知っておくと便利だ。 今回は、色々なパーカーの使い道を紹介しようと思う。

デザインの効いた一着を主役に

[caption id="attachment_40331" align="alignnone" width="750"] https://www.instagram.com/p/CIFYLhwFFJd/?igshid=1877moun84ox2[/caption] パーカーが好きな人には、コーディネートの主役にすることをお勧めする。デザインの豊富さを活かして、派手なアイテムを悠々と着てみよう。ロゴやイラストが効いているパーカーは注目を集めることに違いない。

レインボーパーカー

普通に着ていても目立つ色調に、Dominant(ドミナント)のロゴをカラフルにあしらったパーカーは一枚で着ていると目を惹くことだろう。丸みを帯びたシルエットは、男女問わずに着用ができる可愛らしいデザインになっている。さらっと着て外出するのに適したパーカーだ。 レインボーパーカー/DominantRainbowEmbroideryHood_LIGHTGREY  

-Dominant(ドミナント)とは?

Dominantは韓国発祥の新進気鋭のストリートブランド。スケーターカルチャーとユースカルチャーをスタイルの基盤にしている。東方神起やNetflixで有名な「梨泰院クラス」の主役等が愛用しているブランドとして男女問わず人気となっている。SIXTYPERCENTへ日本初上陸を果たした。 dominant (ドミナント)  

クラウディーデーパーカー

NIEEH (ニヒ)は、曇り空を上手くパーカーに描き落としている。白と青のタイダイは可愛らしい雰囲気のコーディネートに合わせてほしい。可愛らしくも個性的なパーカーは、一枚で十分主役を演じてくれる。 クラウディーデーパーカー/CloudyDay  

-NIEEH (ニヒ)とは?

NIEEHは近年韓国で立ち上がったカジュアル・ユニセックスストリートウェアブランド。韓国の有名アーティストらが愛用していることで韓国を中心に売り切れが続出する人気ブランドとなっている。またアメリカやヨーロッパでも購入依頼が絶えず即完が続くアイテムが多数。60%(シックスティーパーセント)で日本初上陸を果たす事となった。 NIEEH (ニヒ) : 公式通販サイト - SIXTYPERCENT  

ナイロンアノラックパーカー

少し雰囲気を変えてモードストリート調のパーカーもお勧めだ。こちらのパーカーは袖の切り替えが特徴的なアイテムだが、素材にも注目してほしい。素材にナイロンを使用することで、カジュアルライクのパーカーをモードなアイテムに仕上げている。また、ナイロンはスポーティー要素もあるのでストリートに最適だ。方向性を変えた攻め方も良いだろう。 ナイロンアノラックパーカー/Nylonhoodsideanorak  

-GINGHAMBUS(ギンガムバス)とは?

GINGHAMBUS(ギンガムバス)は韓国・ソウル発のストリートブランド。アメリカンストリートと韓国のスタイルを融合した人気ブランド。カジュアルウェアをメインに展開し、ニットアイテムが注目の商品となっている。SIXTYPERCENTで日本初上陸を果たすこととなった。 ginghambus (ギンガムバス): 公式通販サイト  

ジップアップパーカーで重ね着を楽しむ

ジップアップのパーカーはインナーとのレイヤードを楽しむことができる。インナーを派手にしても良し、パーカーを個性的にしても良しと選択肢は広がる一方だ。インナーとアウターの両刀使いを検討しているならジップアップパーカーを選ぶといい。

ワイヤードジップアップパーカー

ワイヤーが絡まるようなデザインを施したパーカーは、ストリートな雰囲気を漂わせている。このタイプのアイテムにはインナーをシンプルなものにすると良い。単色のロンTやハイネックアイテムが相性抜群だろう。また、胸の前にあるスタッズのデザインもアクセントになっており、パンクの要素も含んだアイテムになる。粋なデザインを求めているならこのパーカーは無視できない。 ワイヤードジップアップパーカー/DVRKWIREDZIP-UPHOODIEBLACK  

-DVRK(ダーク)とは?

2015年にベトナム人デザイナーによって発表されたロサンゼルス発のブランド。コレクションごとにもちろん意味はあるが、消費者のライフスタイルに身近な洋服をテーマに商品を発表している。商品のデザイン、縫製などは全てベトナム国内で行われている。現在はホーチミンにのみショップを持つ。 DVRK(ダーク) : オンラインストア  

シットバックフードジップアップパーカー

お次は、一見シンプルなデザインのジップアップパーカーだ。しかし、背面にはヘビのデザインが施されており、背中で物語るアイテムになっている。袖口はボタンで調整可能になっており、シルエットの変化を測ることができる。このタイプのアイテムは、スナップのようにパンツを派手にするのも良いだろう。 シットバックフードジップアップパーカー/SitBackHoodZipUp  

-Sserpe (セルペ)とは?

インディカルチャーとヒッピー的要素をベースに展開する韓国のデザイナーブランド。全てユニセックスでの商品展開。ニューヨークファッションウィーク等でランウェイを展開する国際的なブランドとして日本でも知名度を博す。 https://www.sixty-percent.com/collections/sserpe  

インナーとして活用する

パーカーはインナーとしても活用できるアイテムだ。最もはやくドレスダウンを狙うならパーカーを使用することを推奨する。アウターによって表情が変わるパーカーを楽しんでみてほしい。

インシシャンフードパーカー

こちらはシャツとパーカーをドッキングさせた一風変わったアイテムだ。無地とチェックの切り替えが光る個性的なデザインは、インナーとして活躍してくれるに違いない。フードも紐ではなく、ドローコードで調整できるユニークなディテールとなっている。ジャケットやコートに合わせてみると面白いかもしれない。 インシシャンフードパーカー/INCISIONHOODIE  

-verdamt (フェアダムト)とは?

韓国発のハイストリートブランドで、70年代のロック、パンク、グラフィティなどのヴァンダリズムをベースにしたサブカルチャーの影響を受けたブランド。 その時代の若者たちと、彼らが成し遂げた文化。また、現代の若者と現代の文化が調和されVERDAMTだけの新しい文化を作りだそうとしている。BTSをはじめとした様々な韓国トップアーティストもステージ・プライベートを問わず愛用中。 verdamt (フェアダムト):公式通販サイト  

ロゴパーカー

ヘンリーネックのパーカーは、ボタンパーツがいいアクセントになってくれる。パーカーのインナーにチェックシャツを合わせても面白いだろう。アウターともインナーとも重ね着を楽しめるアイテムはオールシーズン活躍してくれる。 ロゴパーカー/PHOSLogoHoodie  

-PHO333とは?

PHO333は韓国・ソウル発のストリートブランド。家にいる様なリラックスをしたスタイルと合わせて、オールドビンテージのカラースタイルを使用したアイテム展開が特徴。SEVENTEENらが愛用していることで知られるブランド。SIXTYPERCENTで日本初上陸を果たした。 PHOS333 : 公式通販サイトーSIXTYPERCENT   パーカーは様々な活用方法があり、オールシーズン活躍してくれるアイテムだ。手頃な価格で手にすることができるアイテムも多く、気軽に取り入れられるカテゴリーだ。初心者から玄人まで、万人に好まれるパーカーをぜひコーディネートに組み込んでほしい。
アジアブランドをもっと知りたい方はこちらの記事もチェック 1泊2日の弾丸韓国妄想トリップ | 寒さ増す12月は このアイテムたちと乗り越えよう | 60MAG(シックスティーマガジン) FLAREUP(フレアアップ)で見つけるモードストリート調のブラックアイテムたち | 60MAG(シックスティーマガジン) 【2021年再燃】アメリカにも負けない人気!アジアンファッションブランドの大学風パーカー特集