2021年版 タイ・バンコクで最もホットなストリートブランド7選

2021年版 タイ・バンコクで最もホットなストリートブランド7選

現代を生きる何者にとっても初めての体験となる未曾有の疫病によって、世界中の人々が平等に苦しめられている。こんな今だからこそファッションを楽しむことで、日常を輝かせたいものだ。 タイはストリートカルチャーの盛んな国として知られる。そんな国だからこそ、ストリートブランド同士の熾烈な争いが繰り広げられ、それぞれが自身の色を出そうとどんどん素敵なアイテムが生まれている。そんな中からオススメな7ブランドをご紹介。

MASH UP(マッシュアップ)

シンガポール発のポップで遊び心あるストリートブランド。過去にUNIQLOやTOPSHOP、Lomographyなどの大手ブランドとのコラボもしている注目ブランド。 価格帯:8,000〜20,000円 MASH UP(マッシュアップ) : オンラインストア  

主役級の輝きのショルダーバッグ

きらきら光るスパンコールが眩しいショルダーバッグ。パーティーといった特別な日にコーデの主役に使いたい。 @ポーズフォーミークロスショルダーバッグ|pauseformecrossshoulderbag  

YVHC(ヤングアンドハングリークロージング)

YVHC(ヤングアンドハングリークロージング)は、タイ・バンコク発のカジュアル ストリートウェアブランド。 アンダーグランドシーンで人気のUnfound Projectなどでの売り出しから人気を集め、有名ラッパー等が着用して話題に。 YVHC(ヤングアンドハングリークロージング):公式通販サイト  

1着はもっておきたいシンプルなTシャツ

着まわしやすいシンプルなデザインがポイントのTシャツ。ホワイトカラーが爽やかさを演出しており、センターにはブランドロゴYVHC(ヤングアンドハングリークロージング)の文字が。ぜひさまざまなアイテムを合わせてみてほしい。 YVHCブリックTシャツ/YVHCBrickt-shirt  

MADWORKS CLOTHIG(マッドワークスクロージング)

MADWORKS CLOTHINGは、タイ・バンコク発のストリートウェアブランド。日本を含めた3ヵ国で展開をしており、アメリカンストリートとバンコクらしいDOPEなビジュアルを用いたアイテム展開がアジアを中心に人気を集めている。アンダーグラウンドシーンのバンコク代表格となるブランド。 MADWORKS CLOTHING(マッドワークス クロージング) |公式通販サイト  

ブランドロゴがアクセントのキャップ

黒をベースとしたシンプルなデザインのキャップ。ブランドのロゴが良いアクセントとなっており、どんなコーディネートにも合わせやすい。ストリートコーデを組むのにはキャップはマストアイテムだろう。 6パネルキャップ/MADWORKS6PANELCAPS  

Frank! garcon(フランクガーコン)

Frank! garcon (フランク ガーコン)はタイ・バンコクを代表するPOP CULTURE セレクトストア。バンコクにフラグシップ店舗があり、バンコクで新しく誕生しているヤングポップシーンを代表するタイのデザイナーの小物商品やアパレル商品をライフスタイルストアとして展開している。 価格帯:3,000円〜15,000円 Frank! garcon (フランク ガーコン) : 公式通販サイトーSIXTYPERCENT  

たまには華のあるカラーを取り入れてみて

ビビッドなカラーが目に入るこちらのジャケットは、コーディネートに華を添えてくれること間違いなしのアイテムだ。バックには可愛らしいレトロヴィンテージなワッペンが施されている。 フランクボンバージャケット/FRANK!PatchBomber  

PONY STONE(ポニーストーン)

PONY STONE (ポニーストーン)はタイ・バンコク発祥のビンテージウェアブランド。ファウンダーのEUWADEE SRIARUNは、スタイリストとしてのキャリアからビンテージ素材のアイテムを用いたデニムを破る独自性の高さがバンコクのみならず世界的に有名になり、著名人であるBLACKPINKやキムカーダシアンなどセレブリティに愛されるアジアブランドの一員となっている。 PONY STONE(ポニーストーン) : 公式通販サイト  

存在感を出したいならこのアイテム

コーディネートに取り入れるだけで主役になってしまうこちらのボトムスは、イエローカラーがアクセントとなった可愛らしいデザイン。ぜひこれを着て町中の視線を独り占めしてみては。 レオンボトムス/LEON  

VANORN VANGKOK(バノンバンコク)

2017年にタイの首都バンコクで誕生したストリートブランド。世界6店舗のみでしか販売していないほど希少価値の高いブランドだ。シンプルかつタイらしいカラフルなカラーのボディを用いたアイテムが人気。

価格帯:6,000〜20,000円

Vanorn Bangkok (バノンバンコク):公式通販サイト  

迷彩柄がクールなジャケット

迷彩柄がパッと目を引くこちらのフーディーは、1着身にまとうだけで存在感を演出してくれる。ストリートコーデにはもちろん、カジュアルなコーデの主役としても取り入れてみては。 CRT-DOYフーディー02|CRT-DOYfoodie02    

TZWORLDWIDE(トレッズワールドワイド)

2014年にタイで設立されたプレミアムストリートウェアブランド。音楽を聞いたり、仲間と遊んだり、日常を楽しんだりなどという日々のストリートな風景をインスピレーション源とし、着心地の良い、そして質も良い、愛されるアパレル製作に取り組んでいる。 TZWORLDWIDE(トレッズワールドワイド):オンラインストア

ロゴ入りソックスでカジュアルストリートに

クルーソックス|cluesocks   上記のタイのストリートブランドの多くはタイ国内に店舗を構えているブランドも多数ある。この混乱が収まった頃、タイに遊びに行くことがあれば、現地で店舗を訪れてみてはどうだろうか。その土地ならではのプロダクトを体感してみてほしい。  
バンコクのファッションをもっと知りたい方はこちらの記事をチェック! 【連載:アジアンストリート】バンコクのスニーカーヘッズが形にした ストリートの楽園"Carnival(カーニバル)" | 60MAG(シックスティーマガジン) 【連載:アジアンストリート】タイ・バンコク発MADWORKS CLOTHING デザイナーNATTHAPONが表現するアイデンティティー「"自分らしさ"を中心に展開している」 | 60MAG(シックスティーマガジン)