【2021年最新版】本当にオススメしたいタイ人気ファッションブランド10選

【2021年最新版】本当にオススメしたいタイ人気ファッションブランド10選

今、タイのファッションシーンが"アツい"とされている。ロシア発のGosha Rubchinskiyに続くように、その歴史や背景をふんだんに衣服に取りいれたデザインを得意とするファッションブランドが、アジアの新興国から続々と立ち上がっている。今回は特にオススメしたいタイ・バンコク発のファッションブランドを10個ご紹介以下の2点を中心として、タイのファッションブランドの魅力に迫っていく。 ・タイのファッションブランドの中で人気のブランドはどれ? ・タイのブランドはどのような雰囲気のアイテムを展開している? 本記事を読めば、タイのファッションブランドの中でも特に人気のブランドがどれかが分かる。ぜひ最後までチェックしてみて。

MADWORKS CLOTHING(マッドワークス クロージング)

 
この投稿をInstagramで見る
 

MADWORKS CLOTHING(@madworksclothing)がシェアした投稿

MADWORKS CLOTHING タイ・バンコク発のストリートウェアブランド。日本を含めた3ヵ国で展開をしており、アメリカンストリートとバンコクらしいDOPEなビジュアルを用いたアイテム展開がアジアを中心に人気を集めている。アンダーグラウンドシーンのバンコク代表格となるブランド。 MADWORKS CLOTHING徹底解説記事を読めば、ブランドのさらなる魅力に気づくことができる。ぜひチェックしてみて。 バンコク流のストリートファッションはここから学ぶ MADWORKS CLOTHINGとは?最新オススメアイテム10選も紹介 | 60MAG(シックスティーマガジン) アイテムはこちらから。 MADWORKS CLOTHING(マッドワークス クロージング) |公式通販サイト  

YVHC(ヤングアンドハングリークロージング)

 
この投稿をInstagramで見る
 

YVHC(@youngandhungry)がシェアした投稿

YVHC タイのアンダーグランドシーンで人気のセレクトショップ・Unfound Projectなどで売り出したことから人気を集め、有名ラッパーらがこぞって愛用したことによって話題になったYVHC。日本のシーンにおいても YENTOWNのkZmやPETZが着用し、要注目ブランドとなっている。 YVHC(ヤングアンドハングリークロージング):公式通販サイト  

Leisure Projects

 
この投稿をInstagramで見る
 

Leisure Projects(@leisureprojects)がシェアした投稿

Leisure Projects 2012年にスタートしたメンズブランド。「現代の男性のためにカジュアルな服と楽しみを生み出すこと」をコンセプトとしており、アートや音楽、旅行をインスピレーション源としてデザインに取り入れている。 詳細はこちら  

Q DESIGN AND PLAY (キューデザインアンドプレイ)

Q DESIGN AND PLAY タイ・バンコク発のストリートウェアブランド。バンコク随一のファッション地区に常設店舗を構え、ジェンダーレスなスタイルやバンコクのトレンドセッターを採用した独特なビジュアル展開がアジア全域で話題に。数多くのファッションウィークもこなす非常に人気なブランドとなっている。60%で日本初上陸を果たした。 Q DESIGN AND PLAY (キューデザインアンドプレイ) : 公式通販サイト  

VANORN BANGKOK (バノンバンコク)

 
この投稿をInstagramで見る
 

vanornbangkok(@vanornbangkok)がシェアした投稿

VANORN BANGKOK 2017年にタイの首都バンコクで誕生したストリートブランド。60%を含め世界6店舗のみで販売を行う。シンプルかつタイらしいカラフルなカラーのボディを用いたアイテムが人気。 Vanorn Bangkok (バノンバンコク):公式通販サイト  

SIX P.M.(シックスピーエム)

 
この投稿をInstagramで見る
 

SIX P.M.(@sixpmthailand)がシェアした投稿

SIX P.M. 2010年にタイでChanchai Suwannachayaというデザイナーによってローンチされたブランド。ブランド名はアフターシックスを表しており、仕事中や普段も着用できるオンタイムウエアとしても着用可能なアイテムにディテールを加えることで、仕事終わりにそのまま遊びに行けるような気軽さとファッショナブルなセンスを味わえるようになっている。 SIX P.M.(シックスピーエム):オンラインストア  

GREYHOUND ORIGINAL

 
この投稿をInstagramで見る
 

Greyhound Original(@greyhoundoriginal)がシェアした投稿

GREYHOUND ORIGINAL 1980年にバンコクで設立されたメンズカジュアルブランド。タイに8店舗を構える当ブランド。東南アジアに限らず韓国や日本市場にも進出するなど、その名を世界に轟かせている。 GREYHOUND ORIGINAL  

PONY STONE(ポニーストーン)

 
この投稿をInstagramで見る
 

???? ?????(@ponystone_official)がシェアした投稿

PONY STONE タイ・バンコク発祥のビンテージウェアブランド。ファウンダーのEUWADEE SRIARUNは、スタイリストとしてのキャリアからビンテージ素材のアイテムを用いたデニムを破る独自性の高さがバンコクのみならず世界的に有名になり、著名人であるBLACKPINKやキムカーダシアンなどセレブリティに愛されるアジアブランドの一員となっている。60%で日本初上陸をすることとなった。 PONY STONEにはまだまだここで語り切れないほどの魅力がある。PONY STONE解説記事でさらに深くブランドのことを知ってもらいたい。特におすすめのアイテム等も紹介しているので、ぜひチェックしてみて。 【デニムの新しい可能性】PONY STONE(ポニーストーン)の魅力とは?人気ビンテージアイテムも紹介!   PONY STONEのアイテムを今すぐチェックしたい人はこちらから。 PONY STONE(ポニーストーン) : 公式通販サイト  

TZWORLDWIDE(トレッズワールドワイド)

 
この投稿をInstagramで見る
 

TZWorldwide(@tzworldwide)がシェアした投稿

TZWORLDWIDE 2014年に設立されたTZWORLDWIDEは、音楽を聞いたり、仲間と遊んだり、日常を楽しんだりなどという日々のストリートな風景をインスピレーション源としている。質感に裏打ちされた、着心地の良さが売りだ。価格帯も安価に抑えられていることから、ファッションの入り口としても手が届きやすくなっており、誰でも楽しめる点が人気のブランド。 TZWORLDWIDE(トレッズワールドワイド):オンラインストア  

PAIN KILLER(ペインキラー)

PAIN KILLER バンコクに拠点を置くブランド・PAIN KILLER「芸術を好む親子向けのロマンティックな衣服」を生み出すことをコンセプトとしており、東南アジアのブランドならではのプロダクトづくりを得意としている。 タイ・バンコク発のファッションブランドというとまだまだ聞き馴染みがないかもしれないが、今まさに勢いを増し続け、現在地を常に更新している。これらのブランドたちがこれから作っていくプロダクトと歴史は、追い続けて損はないはずだ。 PAINKILLER | TH *60%では、タイを初め韓国や中国といったアジア諸国のファッションブランドを多く取り扱っている。 60%公式ページを覗けば、日本未上陸、東南アジア独特のファッションブランドに出会うチャンス。 新しいブランドと出会いたい方は、ぜひ公式ページをチェックしてみてほしい。 アジアファッション通販 | 60%(シックスティーパーセント)
タイブランドが気になる方はこちらもチェック タイ・バンコク在住ライターが見た、現地の若者のファッション事情       | 60MAG(シックスティーマガジン) 【妄想アジア旅】12月のバンコクへ。タイブランドでおしゃれを楽しむ3泊4日の妄想旅行(前編) | 60MAG(シックスティーマガジン) 短いからこそ全力で楽しむ。バンコク在住ライターが教える、リアルなタイの冬ファッション | 60MAG(シックスティーマガジン)