SNSで話題の韓国ブランドVETEZE(ベテゼ)から、機能性抜群の人気No.1リュックを徹底調査!

SNSで話題の韓国ブランドVETEZE(ベテゼ)から、機能性抜群の人気No.1リュックを徹底調査!

通勤や通学もしくはちょっとした外出時は、程よい収納力を備えたリュックがあると役に立つ。また、収納力に加えて、ファッション性も優れていれば申し分ない。そんな時にオススメしたいのがVETEZE(ベテゼ)の機能性とファッション性を両立させたバックパックだ。 VETEZE(ベテゼ)のバックパックはアウトドアリュックから着想を得ているので、かゆいところに手が届く機能性が魅力的だ。アウトドアアイテムをタウンユースに昇華させたバックパックを徹底的に解説していこう。

VETEZE(ベテゼ)とは?

韓国・ソウルで誕生したストリートカジュアルウェアブランド。VETEZE(べテゼ)のリュックスタイルが韓国を中心にミレニアル世代から人気を博し、アウトドアリュックを用いた普段着スタイルがSNSを中心に話題を呼んだ。 VETEZE ( ベテゼ): 公式通販サイト  

VETEZE(ベテゼ)の人気No.1高性能バックパック

VETEZE(ベテゼ)がリリースするアイテムの中でも、トップクラスの人気を誇るバックパックは、所々に登山リュックのディテールを採用している。無骨な印象がある登山リュックだが、VETEZE(ベテゼ)のリュックは必要最小限のパーツで構成されているため、ミニマムかつ繊細されたアイテムに仕上がっている。タウンユースを目的とするのであれば、ちょうどいい役回りをしてくれる。 また、2色のリュックはカラーで表情がかなり異なる。ブラックはフォーマルな雰囲気があるので通勤や通学に、ベージュはカジュアルなシーンに合いそうだ。用途に合わせた選択ができるのは嬉しいポイント。 ビッグロゴバックパック/BigLogoBackpack(2color)  

人気No.1の秘訣は高機能なディテールにある

VETEZE(ベテゼ)のバックパックが人気な理由は、やはり機能性の高さにあるのだろう。リュックの背部にあるバンジーコードは、ウェアやタオルなどの衣類を簡易的に固定するためのデザインだ。頻繁に使用することはないが、シンプルなリュックのアクセントになっている。 大きくデザインされたVETEZE(ベテゼ)のロゴもアイコニックで可愛らしい。 リュック購入時に一番注目したいのはショルダーハーネス。VETEZE(ベテゼ)のショルダーハーネスは適度な厚みで、重い荷物を入れても肩の負担が少ないように配慮されている。また、背中に直接触れるパーツは、メッシュ加工で通気性を確保してくれているので、背中の蒸れを軽減してくれる。 左右のショルダーハーネスを固定するチェストハーネスも採用。チェストハーネスを使用することで、リュックの位置が安定し、肩への負担をさらに軽減することができる。 VETEZE(ベテゼ)のバックパックは、着用者の負担が最小限になるようにしっかり計算されている。 サイドに取り付けられた種類の異なるポケットは、頻繁に使うものを入れるのに適している。携帯や飲料水、タオルなどの小物を収納するために活用すると、取り出すときにいちいちリュックを降さなくてもいい。 バックパック背部のジップには、引き手をつけることで開閉を楽に行うことが可能。また、エレメントが隠れるデザインで、よりミニマムなフォルムに。大きめのジップタブには、自分の好きなキーホルダーをつけてもいいだろう。 リュック内部にもジップ付きの収納スペースを確保している。落としたくないものは、このスペースに収納すると安心だ。 中の収納物が飛び出さないようにマジックテープで固定できる工夫も施されており、仕事道具や書類を入れても安全に移動することができる。VETEZE(ベテゼ)のバックパックは、収納性と安全性にも配慮が行き届いている。 実際に着用したスナップを見ると、程よいサイズ感で使い勝手が良さそうな印象を受ける。VETEZE(ベテゼ)のミニマムなバックパックは、どのコーディネートにも馴染んでくれるはずだ。 VETEZE(ベテゼ)のNo.1人気リュックの魅力が伝わっただろうか? 今リュックを探しているのであれば、迷わずVETEZE(ベテゼ)のバックパックを手に取ってもらって問題ない。公私ともに使えるリュックは、シーンを選ばずに使える利便性の高いアイテムだ。VETEZE(ベテゼ)はバックパンクのほかにも、豊富なラインナップでアイテムを展開しているので、ぜひチェックしてみてほしい。 VETEZE ( ベテゼ): 公式通販サイト  
他のアジアブランドが気になる方はこちらの記事をチェック BTS愛用で話題の韓国ブランドASCLO(エジェクロ)から 人気アイテム“キルティングジャケット”を調査! | 60MAG(シックスティーマガジン) ミニマリストの逆を行く!? ビックサイズなリュックを背負うのがストリートの新定番 | 60MAG(シックスティーマガジン) 【韓国の今をスナップでお届け#1 】“抜け感ストリート”が人気?リアルな若者のファッション事情を調査 | 60MAG(シックスティーマガジン)