バンコクの今をスナップでお届け | 現地在住ライターがリアルなトレンドを調査~ヘルシーな肌見せは当たり前?~

バンコクの今をスナップでお届け | 現地在住ライターがリアルなトレンドを調査~ヘルシーな肌見せは当たり前?~

東南アジアのトレンド発信地バンコクから、リアルなトレンドを現地在住ライターがお届けするこの企画。今回は60%でも扱うバンコク発ブランドを上手く着こなすファッショニスタなバンコク女子たちのスナップをお届けする。

セクシーさは忘れない

[caption id="attachment_43068" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CKi8CfPB8g6/[/caption] バンコク女子たちのファッションにはちょっとしたセクシーさが欠かせない。欧米の影響からなのか、彼女のように上下肌見せは当たり前。そんな思いを叶えてくれる、バンコク発ブランドPONY STONE(ポニーストーン)のアイテムはバンコク女子たちにも人気だ。 エージェントトップス/AGENTTOPS  

PONY STONE(ポニーストーン)とは?

タイ・バンコク発祥のビンテージウェアブランド。ファウンダーのEUWADEE SRIARUNは、スタイリストとしてのキャリアからビンテージ素材のアイテムを用いたデニムを破る独自性の高さがバンコクのみならず世界的に有名になり、著名人であるBLACKPINKやキムカーダシアンなどセレブリティに愛されるアジアブランドの一員となっている。 PONY STONE(ポニーストーン) : 公式通販サイト  

常夏でもニット帽は人気

[caption id="attachment_43038" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CIBApWyndDg/[/caption] ストリートファッションに欠かせないニット帽は、常夏のタイでも人気。若者の集まるSiam(サイアム)エリアに行くと、ニット帽を使いこなすおしゃれなZ世代が多い。 オーバルビーニーズハット/OVALBEANIESHAT  

– MADWORKS CLOTHING(マッドワークスクロージング)とは?

タイ・バンコク発のストリートウェアブランド。日本を含めた3ヵ国で展開をしており、アメリカンストリートとバンコクらしいDOPEなビジュアルを用いたアイテム展開がアジアを中心に人気を集めている。有名ブランドのパロディーやアニメのキャラクターをプリントしたユーモラスなデザインが人気。 MADWORKS CLOTHING(マッドワークス クロージング) |公式通販サイト  

肌寒い日にはスウェットも活躍

[caption id="attachment_43039" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CIA45C8HfxC/[/caption] 人気が再燃しているカレッジパーカー風のスウェットはバンコクでも人気。基本的には暑いバンコクだが、乾季の11月~2月にかけては肌寒い日もあり、寒さに慣れていないタイ人はここぞとばかりに長袖を着る。限られた秋にぴったりのスウェットは、この時期よく見かけるアイテムの1つだ。 JMP-011トレーナー  

マスクはおしゃれアイテムへと進化

[caption id="attachment_43040" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CBDb2jaHSrJ/[/caption] 国民の95%が仏教徒だからなのか、逆境を楽しむ精神が強いタイでは、いまや着用が必須となったマスクをおしゃれアイテムへと昇華させるのがどこよりも早かったように思う。最近だと不織布マスクよりも、柄のあるシルクや布のマスクにストラップを付けて使っている人も多い。写真の彼女のように存在感のあるチェーンを使えば、ネックレスの代わりにすらなる。 ニューノーマルマスクAセット/NewNormalMask-ASET  

VANORN BANGKOK (バノンバンコク)とは?

2017年にタイの首都バンコクで誕生したストリートブランド。60%を含め世界6店舗のみで販売を行う。シンプルかつタイらしいカラフルなカラーのボディを用いたアイテムが人気。 Vanorn Bangkok (バノンバンコク):公式通販サイト   日本よりも外国人が多く、欧米の文化に強く影響されているタイでは、スタイルも様々だ。バンコク女子たちも思い思いのおしゃれを楽しんでいる。着こなしがマンネリ化してきたな…というときに、バンコクのファッショニスタをぜひ参考にしてみてほしい。バンコク在住ライターがお届けするスナップ企画、次回はメンズ編をお届け。
バンコク発ブランドをもっと知りたい方はこちら バンコク在住ライターが見た、バンコクの若者が今夢中なモノ | 60MAG(シックスティーマガジン) タイブランドもここを目指す。バンコクの原宿「サイアム」はなぜ若者を惹きつけるのか | 60MAG(シックスティーマガジン) タイ・バンコク在住ライターが見た、現地の若者のファッション事情       | 60MAG(シックスティーマガジン)