韓国はじめロゴTをアジアブランドから選ぶことの意義が見えてくる 厳選10枚

韓国はじめロゴTをアジアブランドから選ぶことの意義が見えてくる 厳選10枚

ロゴTとはブランドを象徴するアイテムの代表格だ。ハイブランドから、プチプラブランドまでどんなファッションブランドであれ、ロゴを大胆にデザインしたTシャツと言うものを売り出している。それほどのロゴTとはファッション業界で大切にされてきたアイテムと言っていい。 そんな中から今回は、韓国ブランドを始めとするアジアブランドの中からオススメしたい10のロゴTを厳選してご紹介。

HAVISM シグネチャーエンボロゴTシャツ

HAVISMは韓国・ソウルを拠点とするストリートブランド。韓国の10代後半から20代に愛されるブランドで、ヤングシーンで人気のレトロな色合いをスタイルに織り交ぜたTシャツが日本でも人気となり、HAVISMの知名度を急上昇させるきっかけになった。こちらもアイテムもまさにレトロなイエローカラーがなんともクセになる。 シグネチャーエンボロゴTシャツ/SIGNATUREEMBOLOGOS/STEE  

mahagrid レインボーリフレクティブロゴTシャツ

韓国を代表するストリートブランド・mahagrid。20代の男女を中心に人気を集め、2019年度は2ヶ月でTシャツだけで10万枚以上を即完させるカルトブランドへと成長している。K-POPアーティストの着用と合わせて多くのイベントを韓国のみならずアジア各国で展開し、ブランドの知名度や規模を拡大させている。バックのブランドロゴは暗闇で光るというリフレクト加工。 mahagrid (マハグリッド)|公式通販サイト  

mahagrid ベーシックロゴTシャツ

「ストリートすぎない」というミニマリズムの真髄を追求したデザインが、韓国を中心に人気を博しているmahagrid。Tシャツやスウェットなどの定番アイテムに多様なロゴやカラーを使用したバリエーションが有名である。こちらはあらゆるカラー展開のあるカットソーだが、あえて鮮やかなピンクをオススメしたい。 mahagrid (マハグリッド)|公式通販サイト  

MADMARS ロゴTシャツ

"BE CREATIVE OR DIE” 掲げる韓国発のストリートウェアブランド・MADMARS。自由を表現できるユニセックスウェアをモットーに洋服を制作している。シンプルかつ洗練されたデザインを得意とし、シンガーソングライターのHEIZE(ヘイズ)などその他大勢の有名人に愛用されている。ブランド名を大胆に、その下には何やらメッセージが。 ロゴTシャツ/LogoTee  

RDVZ グリッターロゴTシャツ

韓国の元人気アイドル、キソプが立ち上げたストリートカジュアルブランド・RDVZ。男女どちらが着てもちょうどいいサイズ感、シンプルで合わせやすいデザインが人気の理由である。韓国の芸能人がこぞって当ブランドの服を着てInstagramへ投稿したことで瞬く間に話題となった。蛍光色のこちらの1枚は身幅も少し大きめでオーバーサイズに楽しめる。 グリッターロゴTシャツ/GLITTERLOGOT-SHIRT  

wonder visitor 2020シグネチャーTシャツ

ポップなフォントスタイルとビビットなペイントスタイルをデザインに落とし込む韓国発の人気ストリートウェアブランド・wonder visitor。オリジナルのアニメビジュアルが韓国内で人気を呼び在庫切れが続く2020年注目の若手ブランドだ。こちらはwonder visitorを象徴するストーリーを持つ1枚である。 2020シグネチャーTシャツ/2020SignatureT-shirt  

DUCKDIVE グローブロゴTシャツ

DUCKDIVEは韓国・ソウル発のストリートウェアブランドで、ブランドプロデューサーとしてソウルの人気モデル・JOOWONDAE(ジョーウォンデ)が携わっている。元々ソウルファッションを牽引する人気モデルとして台頭し、その後ストリートシーンを牽引するブランドを作り上げた。BTSやMonsta Xらにも着用されている。ブランド観が大きく出た1枚。 グローブロゴTシャツ/GLOBELOGOT-SHIRT  

MTAL レーベルTシャツ

MORE THAN A LABEL = MTAL (メタル)というビッグロゴのついたアイテムが人気の韓国発ストリートウェアブランド。メンズウェアを筆頭に、カップルでのユニセックス着用の画像で話題を博している新進気鋭のブランドである。シンプルなフロント、裏にはブランド理念が掲げられている。 レーベルTシャツ/LABELT-SHIRT  

DVRK リフレクティブロゴ2.0Tシャツ

2015年にベトナム人デザイナーによって発表されたロサンゼルス発のブランド・DVRK。コレクションごと消費者のライフスタイルに身近な洋服をテーマに商品を発表している。商品のデザイン、縫製などは全てベトナム国内で行われている。DVRKの代表的なグラフィックがバックに、大胆に。 DVRK(ダーク) : オンラインストア  

when i diff ベーシックロゴTシャツ

when i diffは、韓国発祥のストリートブランドで、「When I am different = 自分が他と違う時」というオリジナリティを追求する人へ向けたブランドとして誕生。ラフながら派手な色合いを象徴としたアイテムスタイルが、韓国のダンサー界隈で人気を博している。特徴的なテキスト配置のデザインは代表的なアイテムの1つである。 ベーシックロゴTシャツ/BASICLOGOT-SHIRT   ロゴTなんてものは本当に溢れている。世界中に溢れている。だからこそ、自身のバックグラウンドに誇りを持つ意味でも、アジアブランドのロゴTを選ぶことは大きな意味があると考える。出自を誇ることほど素敵なこともないように思う。その思想をファッションに込める。 SIXTYPERCENTオススメのセレクトから、あなたのお気に入りを探してみて。