メンズ必見!HOLY IN CODE(ホーリーインコード)のアイテムで流行のストリートに身を包もう

メンズ必見!HOLY IN CODE(ホーリーインコード)のアイテムで流行のストリートに身を包もう

流行のストリートファッションを着たいと思ったときお勧めしたいのがHOLY IN CODE(ホーリーインコード)だ。HOLY IN CODE(ホーリーインコード)のストリートアイテムは、攻めながらも日常に馴染むという絶妙なバランス感覚が魅力的。コアなストリートファンから入門者まで幅広くストリートを体感できるブランドだ。 今回はHOLY IN CODE(ホーリーインコード)から、流行のストリートアイテムをピックアップした。HOLY IN CODE(ホーリーインコード)で夏ファッションに向けて準備をしてみてほしい。

韓国ファッションブランドHOLY IN CODE(ホーリーインコード)

HOLY IN CODE(ホーリーインコード)は韓国発のストリートウェアブランドで、日常で着れるストリートアイテムを作ることに長けている。カジュアルとストリートのバランス感覚に優れ、適度な攻めの姿勢のアイテムは大人のストリートファッションとして最適。肩肘張らないストリートをHOLY IN CODE(ホーリーインコード)で体感してみてはいかがだろうか。
HOLY IN CODE(ホーリーインコード)は、韓国のストリートブランドの中でもブランドロゴをデザインしないことで有名だ。日常に溶け込む服には、目立つロゴは相応しくないと考えているのだろう。ブランドについてさらに知りたいなら、HOLY IN CODE(ホーリーインコード)徹底解説記事に目を通すことを推奨する。 韓国ソウル発!様々なシーンで活躍するHOLY IN CODE (ホーリーインコード)を徹底解説。最新のストリートファッションアイテムも紹介!  

夏の服装で役立つビッグTシャツ

シンプルオーバーTシャツ 余裕のあるサイズ設計で、ゆったりとしたシルエットを描くオーバーTシャツは、夏ファッションに向けて着手しておきたいアイテム。夏のストリートではシルエットやデザイン重視のアイテムが必須となるため、オーバーサイズのTシャツは欠かせない。ビッグサイズは、無地の白Tでも特徴的なシルエットにより、コーディネートを平凡化させないありがたい仕様なのだ。 シンプルオーバーTシャツ/No.8737simpleoverhalfT  

薄手のロンTをトレンディーに着こなして

スノウシィTシャツ 今年の春夏のトレンドとして名を馳せる透け感。特にレディースで人気の印象だが、メンズでも取り入れていきたいところだ。こちらのロンTは、過度なシースルー仕様ではないためメンズでも手に取りやすい。スナップのようにインナーにタンクトップを合わせると、ストリートらしい着こなしができる。このアイテムで透け感を意識したトレンディーな服装を実現してみては? スノウシィTシャツ/No.8767snowthinT(4color)  

夏の上品さはモックネックTで表現

モックネックTシャツ モックネックのTシャツは、着るだけでクリーンな印象を付与してくれるメンズにとって嬉しいアイテムだ。夏には暑いようにも思えるが、Tシャツであれば問題なく着こなすことができる。無地のTシャツこそシルエットやディテールにこだわって、周囲に格の違いを見せつけるべきだ。 モックネックTシャツ/No.8807SmockneckhalfT(6color)  

ロック魂を反映させたTシャツ

ニルヴァーナTシャツ 世界的に有名なロックバンドNirvanaのメンバーをTシャツに描いたアイテムは、ロックとストリートの共鳴を体現したもの。カート・コバーンにより生まれたグランジファッションは、今のスリトートファッションに大きな影響を及ぼしている。彼の前衛的な姿勢は時代を超えても衰えず、ストリートに強く根付いているのだ。ロック×ストリートの相乗作用で、深みのある装いに仕上げてみてほしい。 ニルヴァーナTシャツ/No.8747Nirvana+-halfT  

素材感で魅せる夏のTシャツ

プリーツTシャツ 前述したように夏のTシャツは、こだわればこだわるほど周囲との差を生み出すソースとなる。こちらのTシャツはプリーツ加工で製作されており、独特のひだが美しさを醸し出している。プリーツは表面の個性だけでなく、伸縮性に優れているため動きやすいという利点もある。ファッション性、実用性ともに備えた両刀のTシャツで、夏ファッションを楽しんでほしい。 プリーツTシャツ/No.8772UQpleatshalfT  

ヴィンテージ風のTシャツを洒脱に着こなす

バウハウスTシャツ 掠れたプリントと古めかしいデザインが効いたTシャツ。まるで新品ながらヴィンテージ風の仕上がりで、着るだけでこなれ感を演出できそう。モノトーンな色付けが大人の雰囲気もあり、HOLY IN CODE(ホーリーインコード)らしい。あえてシワを伸ばさず、ルーズな着こなしをすると、このTシャツの良さを最大限生かすことができるのではないだろうか。 バウハウスTシャツ/No.8782bauhaushalfT  

夏に着るレザーとしてシャツを選ぶ

レザーTシャツ 夏のレザーアイテムは暑苦しい印象を与えてしまいがちだが、HOLY IN CODE(ホーリーインコード)のレザーシャツは薄い生地と上品な光沢感で、むしろ洗練された服装を作ることができる。オープンカラーなので、ボタンを止めてクリーンな着こなしでも、野暮ったくTシャツの上から羽織ってもOK。夏でも着れるレザーアイテムとして、HOLY IN CODE(ホーリーインコード)のシャツを手に入れてみては? レザーTシャツ/No.8786leatherhalfSHIRT  

片側だけダメージの控えめさがポイント

ウォッシングデニムパンツ ダメージデニムに苦手意識がある人は、きっとパンクロックバンドのメンバーが着ているようなアイテムを想像してしまうからではないだろうか。そんな人へお勧めしたいのは、こちらの片側だけダメージ加工が施されたパンツ。これならアバンギャルドさ控えめで、ダメージデニムを正統なファッションとして楽しむことができる。また、薄いインディゴも相まって、初めから使い込んでいる感があるのも嬉しいポイントだ。 ウォッシングデニムパンツ/No.8791JUknifewashingdenimPT  

柄ショーツならトップスはシンプルでもOK

リンクルチェックワイドショーツ チェック柄がデザインされたショーツを穿けば、トップスはシンプルなロゴTや無地のものでもコーディネートが成り立つ。春夏のパンツとして優秀な利便性を誇るため、視野に入れておきたいところ。ビッグシルエット仕様で子どもっぽさも払拭できているので、大人が穿く洒脱なショーツとして着手してみてはいかがだろうか。 リンクルチェックワイドショーツ/No.8781wrinklecheckwidewideSHORTS  

定番のミリタリーパンツはマストバイ

[gallery type="slider" columns="2" size="full" ids="62155,62156"] 春夏ファッションのパンツとして定番になっているカーゴパンツ。アイコンの6つのポケットが機能性とファッション性を両立しており、非の打ち所がないミリタリーアイテムだ。HOLY IN CODE(ホーリーインコード)はカーゴパンツをショーツとしてリリース。通常無骨な雰囲気を持つパンツだが、丈が短くなることにより軽快かつスタイリッシュなものへ昇華している。さらに能力値が上がったカーゴパンツを夏の主役として検討してみては? カーゴバミューダワイドパンツ/No.8765cagobermudawideSHORTS   HOLY IN CODE(ホーリーインコード)のアイテムはストリート要素を持ちながらも、誰もが手に取りやすい馴染みやすさに魅力がある。流行のストリートを何気なく纏いたいなら、HOLY IN CODE(ホーリーインコード)でコーディネートを組むことをお勧めする。