韓国のトレンドセッターASCLO(エジュクロ)の特に買うべきトップスを紹介

韓国のトレンドセッターASCLO(エジュクロ)の特に買うべきトップスを紹介

韓国からトレンドを生み出すASCLO(エジュクロ)は、毎年感度の高いアイテムをリリースしている。ASCLO(エジュクロ)は韓国ファッションの流行を作り出したブランドとして有名なのは名実ともに明らかだ。そんなASCLO(エジュクロ)のアイテムを常にチェックしている人も多いことだろう。 そこで今回は、ASCLO(エジュクロ)のトップスに的を絞って、おすすめのアイテムをピックアップしていこうと思う。トレンドや春夏に着るべきものを意識して集めたので注目必至の内容だ。

韓国ファッション人気の立役者ASCLO(エジュクロ)とは?

韓国ファッションのトレンドセッターとして地位を確立させているASCLO(エジュクロ)。ミニマリズムとモードに焦点を当てた服作りは、上品な韓国ファッションを実現できることで人気に。上質でトレンディーなアイテムをお財布に優しい価格帯で楽しめるのもASCLO(エジュクロ)が支持される理由。
 
この投稿をInstagramで見る
 

애즈클로(@asclo.official)がシェアした投稿

ASCLO(エジュクロ)から韓国ファッションの魅力に気づくのも良い手だ。クリーンでモダンなファッションは誰もが一度は憧れるのではないだろうか。ASCLO(エジュクロ)のブランド情報はこちらのASCLO(エジュクロ)徹底解説記事で詳細に解説しているので、ASCLO(エジュクロ)を選ぶメリット、人気の理由を知るために読んでみてはいかがだろうか。

春夏ファッションを楽しめる半袖カットソーを紹介!

心地よい気候の春夏だからこそ着れるアイテムは積極的に手に入れておきたいところ。カットソーは種類が多く、デザインに富んでいることから個性を出しやすいカテゴリーだ。ASCLO(エジュクロ)のカットソーは、豊富なラインナップで展開されているので、その中から選りすぐりのものを紹介していこう。

オーバーサイズのTシャツは必ず手に入れよう

ASCLO(エジュクロ) オーバーアンドオーバーTシャツ 春夏仕様のTシャツの購入を検討する段階で、はじめにゆるく着こなせるアイテムは視野に入れなければならない。無地のTシャツでもサイズが大きいだけで、独特のシルエットになり、一枚で着ても単調な印象を与えない。そして、ゆとりのある身幅は風通しも良好なため、汗ばむ陽気にも対応可能。ファッション性と実用性を兼ね備えたオーバーサイズTは、決断に時間をかけずに購入しても、後悔することがないアイテムの一つ。 オーバーアンドオーバーTシャツ/ASCLOOver&OverShortSleeveTShirt(4color)  

春夏のTシャツにはちょっとしたユーモアも

ASCLO(エジュクロ) ウォッシングチワワTシャツ Tシャツ一枚でコーディネートを組める時期には、トップス主軸のスタイルが増えることだろう。そんなとき、Tシャツ選びはその人のセンスと直結するわけだが、ASCLO(エジュクロ)のチワワTを手にとれば、自身のユーモアを周囲にぶつけることができる。可愛らしいチワワのプリントは話の種ともなり、周囲を楽しませる要因になってくれるはずだ。何気なく着こなして、おどけたファッションを確立させてみてほしい。 ウォシングチワワTシャツ/ASCLOWashingChihuahuaShortSleeveTShirt(3color)  

ベーシックアイテムにも光るデザインの妙

ASCLO(エジュクロ) ブルーTシャツ スタンダードなポロシャツの表面に、起毛デザインを施したASCLO(エジュクロ)。ベーシックアイテムの作りに長けたASCLO(エジュクロ)だからこそできる遊びのデザインで、面白い表情を作り出している。この少しズレた感じのデザインは、独特のゆるさを生み出してくれる。薄い生地感でインナーが透ける着心地は、トレンドのファッションも実現可能な嬉しい仕様。 ブールTシャツ/ASCLOBoucleShortSleeveColorTShirt(2color)  

マルチカラーのボーダーTはとりあえず買いでOK

ASCLO(エジュクロ) ストライプスリーブTシャツ 鮮やかなカラーリングで登場したASCLO(エジュクロ)のボーダーTシャツは、春夏らしく一枚で着こなせるメインアイテム。さまざまなピッチとカラーで仕上げられているため、サイケデリックなイメージも。このアイテムは柄に使われている色に合わせてパンツを選べばいいので着こなしの幅は広い。一着でカジュアル、モード、ストリートとスタイルに沿った着こなしを実現させている。 ストライプスリーブTシャツ/MMOverfitColoringStripeShortSleeveTShirt(3color)  

コスパを求めるならシャツ一択

TシャツやロンTはどうしても着れる時期が限られるが、その点シャツはオールシーズン活躍できる便利さが魅力的。ボタンを止めた正統派の着こなしも楽しめるし、春夏では羽織るだけのライトアウター感覚で着用もできる。ここではASCLO(エジュクロ)から選抜したユーティリティー特化型のシャツを紹介していこう。

着用ごとの変化も楽しめる最高の一着

ASCLO(エジュクロ) デニムワイドカラーシャツ こちらのシャツはデニム生地を使って作られており、着用ごとに色落ちやシワなどの経年変化を楽しめるアイテムだ。また、ただのデニムシャツではなく、襟を長くとったワイド仕様で、個性をプラスしている程よいアレンジも光る。きれいめのスラックスと合わせて、カジュアルとモードを融合させたASCLO(エジュクロ)らしいコーディネートを組んでみてはいかがだろうか。 デニムワイドカラーシャツ/ASCLODenimWideColorShirt(3color)  

チェックシャツで差をつけるならオンブレに注目

ASCLO(エジュクロ) エジュクロチェックシャツ 周囲と被りがちなチェックシャツは柄にこだわることで差別化を図ろう。オンブレとは陰影をつけたグラデーションのことで、ぼやけたように見えるチェック柄のことをいう。ストリートやグランジロックが好き人ならピンとくるだろうが、この柄はカート・コバーンも愛用していたことで有名だ。90年代風にプリントT、ダメージデニムと合わせたグランジストリートな着こなしをおすすめしたい。もちろん、スナップのようにきれいめな合わせ方もOK。 エジュクロチェックシャツ/ASCLOBlancCheckShirt(3color)  

春夏ぐらい攻めてもいいのでは

ASCLO(エジュクロ) ボンドシャツ 日頃ベーシックでシンプルなものばかり着ている人でも、春夏ばかりは攻めた柄シャツを手に入れてみてはいかがだろうか。柄シャツはどうしても強面の人が着るイメージがあるが、ファッション的に見れば、考えずに着て主役を張れるという便利な側面も。インパクトの強さは否めないが、それを逆手にとって街中を闊歩するスタイルも春夏ぐらい許されていいいと思う。 ボンドシャツ/ASCLOBondShirt(3color)  

大流行中のベストはASCLO(エジュクロ)

春夏のトレンドアイテムとして名を馳せるベスト。ベストは単純にトップスの上から着るという簡単な工程を踏むだけでコーディネートが完成するからありがたい。そして、ASCLO(エジュクロ)はベストも得意なブランドなので、ASCLO(エジュクロ)で旬なアイテムを手に入れることを推奨したい。

丸首が一番使いやすい

ASCLO(エジュクロ) ラウンドニットベスト インナーを選ばず、とりあえず着るだけでいいラウンドネックのベストは、一着持っておくとコーディネートの選択肢が増える。スナップのようにレギュラーシャツと合わせるとクリーンな印象に。また、カットソー+デニムパンツなど、単調になり過ぎたスタイルのアクセント役として起用してもいい。ミニマリストにとっては注目せざるを得ない自由度の高いベストに仕上がっている。 ラウンドニットベスト/ASCLORoundKnitVest(3color)  

スケルトン仕様はトレンドとして手に入れたい

ASCLO(エジュクロ) モネローレンスクエアベスト 今年のトレンドのスケルトンを施したASCLO(エジュクロ)のベストは、インナーとのレイヤードを考慮した上級者の着こなしを求められる。基本的に色相の近いアイテムで重ね着をすれば問題ないが、はじめはベストと同色のものを合わせると無難にキマる。このベストの着合わせを掴めれば、柄シャツやマーブルカラーを差し色とした玄人のコーディネート術を手に入れることができる。 モネローレンスクエアベスト/MoneLaurenSquareVest(6color)  

最近よく見かける千鳥格子柄

ASCLO(エジュクロ) ハウンドチェックVネックベスト 同じくトレンドの柄としてよく見かける千鳥格子柄。この柄の魅力はカジュアルにもストリートにも馴染む使いやすさにある。スナップのような白Tとスラックスに採用すると好印象なカジュアルコーデに。千鳥格子柄はかなり存在感があるため、他のアイテムはシンプルにして柄を主軸としたコーディネートを組むことを推奨する。また、Vネック仕様でシャツやハイネックアイテムと相性が良い点も服合わせが楽になるポイント。 ハウンドチェックVネックベスト/ASCHoundCheckVneckVest(2color)   ASCLO(エジュクロ)のトップスは、まだまだ紹介しきれないほど沢山リリースされている。今回はカテゴリー別の推しアイテムをピックアップしたが、他にも見てほしいアイテムがあるので、ASCLO(エジュクロ)のブランドページを要チェック。