2021年流行のハーフジップアップとは?大人気メンズのハーフジップアップを徹底解剖!

2021年流行のハーフジップアップとは?大人気メンズのハーフジップアップを徹底解剖!

今季注目したいのは、ハーフジップアップのトップス!すでに多くのファッショニスタたちが取り入れているアイテムだ。ハーフジップとは、首元から胸辺りまでがファスナータイプになっているもののことを言う。今回は、韓国はじめアジアブランドから、2021年にオススメしたいハーフジップアップのトップスをご紹介。

ニット×ハーフジップアップでカジュアルに

最初にご紹介するのはASCLO(エジュクロ)のスウェット。ハーフジップアップのアイテムの中でも、スウェットタイプは今人気が高い。シンプルできれいなシルエットのこちらは、カジュアルだが決してラフ過ぎない印象を与えてくれる。 オーバーフィットニットスウェット/HomizOverfitBasicColorKnitSweatShirt(4color)  

-韓国ブランド・ASCLO(エジュクロ)とは

韓国・ソウル発祥のモード・カジュアルウェアブランド。BTSやSEVENTEENの愛用ブランドとして日本でも知名度が高く、シンプルなアイテムラインをベースに「韓国ファッションスタイル」の元祖スタイルを浸透させたブランドとして有名。 ASCLO (エジュクロ) |公式通販サイト  

ポップなカラーが可愛い

ビタミンカラーは元気をもらえるカラーの定番!ジップを下ろして肌を見せても、ロンTをレイヤードしてもアクセントになって◎。ハーフジップアップのアイテムはディティールにこだわったおしゃれが叶う。 Pスウェット/Psweater  

-韓国ブランド・PLATEAU STUDIO (プラテール スタジオ)とは

台湾発のストリートブランド。立ち上げ当初から日本でも知名度を広げ、アクセサリーアイテムやクローズ等幅広く展開。日本でも数回POP UPを開催した経験を持つ。オーバーサイズのアイテムをユニセックスで展開している。台湾らしい中華系のオールドスタイルカラーや赤をモチーフにしたビジュアルで話題をよんでいる。 PLATEAU STUDIO (プラテール スタジオ)|公式通販サイト - SIXTYPERCENT  

思い切りラフなコーデにハーフジップアップで遊び心を

ハーフジップアップのアイテムは様々な素材で展開されているので、素材で季節感を出すのがワンランク上のおしゃれさん。フリース素材はラフな印象を与えてくれる。ジップはフルにあげて思い切りカジュアルに着こなして。 ロゴフリースプルオーバー/LOGOFLEECEHALFZIPUPPULLOVER  

-韓国ブランド・GINGHAMBUS(ギンガムバス)とは

韓国・ソウル発のストリートブランド。アメリカンストリートと韓国のスタイルを融合した人気ブランド。カジュアルウェアをメインに展開し、ニットアイテムが注目の商品となっている。 ginghambus (ギンガムバス): 公式通販サイト

これもハーフジップアップ?さりげないアクセントがポイントに

ネックから斜めにジップがあしらわれている、一風変わったデザイン。ブラックカラーとフロントのブランドロゴでシンプルなスウェットに、ユニークなジップのデザインがアクセントとなっている。 ダブルリブスウェットシャツ/DOUBLERIBSWEATSHIRT  

-韓国ブランド・MARCATORY(マーカトリー)とは

MARCATO + STORYと掛け合わせたカジュアルストリートウェアブランド。韓国で誕生し、K POP アーティストや韓国の芸能各所が着用したことで話題を呼ぶ。学生のオールドファッションスタイルをコレクションに落とし込むことで有名。 MARCATORY (マーカトリー):公式通販サイト ハーフジップアップはシンプルなデザインではあるが、アイテム自体の素材やジップのデザイン、着こなし方によって、いくらでもコーデの幅を広げられる可能性を持っている。ぜひこの機会にチェックして、まずはお気に入りの1枚を手に入れて。
関連記事はこちら 2021年流行のハーフジップアップとは?大人気メンズのハーフジップアップを徹底解剖! | 60MAG(シックスティーマガジン) TIKTOKで大流行中!? #みんな大好きパラグラフでお馴染みの韓国ブランドparagraphのエンブロイダリースウェットを徹底調査 | 60MAG(シックスティーマガジン) ユーティリティがキーワード。機能性も欲張りたいメンズ服をアジアブランドからオススメ | 60MAG(シックスティーマガジン)