東南アジアのファッションの魅力とは?超個性的なグラフィックアイテムを厳選

東南アジアのファッションの魅力とは?超個性的なグラフィックアイテムを厳選

タイやカンボジアなど東南アジア発のストリートブランドには、日本や韓国など東アジア発のブランドとはまた違った魅力がある。時に現地の言葉で書かれたグラフィックには英語にはない異国情緒があり、余計にクールに感じる。そんな東南アジア発ブランドのグラフィックアイテムを紹介する。

DON'T FUCK UP THE YOUTH

[caption id="attachment_42649" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CIapeu1B4FL/[/caption] カンボジア発のブランドUN:COMMON (アン コモン)からは、くすみブルーの綺麗なカレッジパーカー風フーディー。バックにプリントされた” DON’T FUCK UP THE YOUTH”は、「若さを台無しにするな」という意味。カンボジアの歩んできた情勢を反映させたメッセージが得意なUN:COMMON (アン コモン)らしいメッセージだ。 ユニバーシティーバタフライフーディー/UniversityButterflyHoodie  

カンボジアの伝統格闘技がモチーフ

[caption id="attachment_42661" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CFwSxHChUmX/[/caption] 2000年前から続くと言われているカンボジアの伝統格闘技「ボッカタオ」をモチーフにしたフーディーがお目見え。カンボジア語が合わせてプリントされていることもあり、異国情緒あふれるアイテムだ。 ボカトールプレイドフーディー/BokatorPlaidHoodie  

– UN:COMMON (アン コモン)とは?

カンボジア発のストリートウェアブランド。社会のステートメントや反骨精神を取り入れたチャレンジングなセンテンスを取り入れたTシャツなどが人気アイテムとなっている。また東南アジアのユースカルチャーをアパレルラインに展開していくことで、10代~20代まで幅広い年齢層から人気を集めている。 UN:COMMON (アン コモン) |オンラインストア

謎のゆるキャラ

インドネシア発のCROOZ(クルーズ)からは、ゆるキャラ風のユニークなキャラクターがプリントされたTシャツをご紹介。何のキャラクターだろう、と注目されること間違いなし。 モッキングTシャツ/MOCKINGT-Shirt  

バックプリントこそ見せたいTシャツ

前から見ると、ブランドロゴの入ったシンプルな白Tだが、バックにプリントされた雲のようなモチーフの大きなプリントがインパクト大。 クラウドTシャツ/CLOUDYT-Shirt  

CROOZ(クルーズ)とは?

2003年設立されたインドネシア発のストリートファッションブランド。今やインドネシアだけでなく、マレーシアやフィリピンの若者をも虜にしている。「音楽とともに」がコンセプトである。現在ジャカルタのスケーターのみならず多くのアジアのスケータークルーが集まる人気スポットとしてCROOZの名が挙げられている。 Crooz(クルーズ) : 公式通販サイト

サイケデリックなTシャツ

インドネシア発のInsurgent Club (インサージェントクラブ)からは、ネーミングからして怪しげなTシャツをご紹介。ドクロのイラストが描かれたこちらのTシャツは、シンプルながらも程よい存在感を出してくれる。 スリーチャイルドクリームTシャツ/THREECHILDCREAMTSHIRT

1つは持っておきたいパーカー

ンプルなデザインのフーディー。センターに描かれた文言が何とも言えない不気味さを演出している。Insurgent Club (インサージェントクラブ)のアイテムは、先人たちへの尊敬の意や反骨精神などがベースとなっている。 フリップパーカー/FLIPINSHOODIE  

–Insurgent Club (インサージェントクラブ)とは?

2014年に設立されたインドネシア発のストリートウェアブランドで、アートを中心に展開しているアパレルブランド。世界各地の実情などをステートメントアートに残したビジュアルをアパレルラインに展開し、インドネシアを筆頭にアジア中心に人気を呼んでいる。 Insurgent Club (インサージェントクラブ)|オンラインストア

希望の持てるポジティブプリント

[caption id="attachment_42654" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CKNbt3YJUyH/[/caption] バンコク発のQ DESIGN AND PLAY (キューデザインアンドプレイ) からは、“YOUTH IS FUTURE CAPSULE”というコレクションの1つをご紹介。前面には“Youth”(若者)、背面には”Future”(未来)とプリントされており、”Youth is Future”(若者は未来だ)というメッセージが読み取れる。この生きづらい時代に希望を感じられるアイテムは、着ていると元気を与えてくれるだろう。 ユースフューチャー半袖Tシャツ/WHITEYOUTHFUTURETEE

あると便利なレオパード柄

[caption id="attachment_42655" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CKD_9uZp7Nc/[/caption] 1つ前に紹介したTシャツのレオパード柄バージョン。同じメッセージでも、レオパード柄なだけでより強いメッセージを感じるのは気のせいだろうか。シンプルなものを選びがちなTシャツは、柄物が1枚あると重宝する。 レオパード半袖Tシャツ/LEOPARDYOUTHFUTURETEE  

Q DESIGN AND PLAY (キューデザインアンドプレイ)とは?

タイ・バンコク発のストリートウェアブランド。バンコク随一のファッション地区に常設店舗を構え、ジェンダーレスなスタイルやバンコクのトレンドセッターを採用した独特なビジュアル展開がアジア全域で話題に。数多くのファッションウィークもこなす非常に人気なブランドとなっている。SIXTYPERCENTで日本初上陸を果たした。 Q DESIGN AND PLAY (キューデザインアンドプレイ) : 公式通販サイト

ポップなグラフィックの中のダークなメッセージ

ロサンゼルス在住のベトナム人デザイナーが作り出すDVRK(ダーク)からは、前後とも全面に施されたグラフィックがユニークなジャケット。”THE DARK INSIDE”(闇の中)というダークなメッセージをポップなグラフィックの中に描いたのには何か深い意味があるのだろうか、という疑問を抱かせる。 レーシングジャケット/RACINGJACKET  

DVRK(ダーク)とは?

2015年にベトナム人デザイナーによって発表されたロサンゼルス発のブランド。コレクションごとにもちろん意味はあるが、消費者のライフスタイルに身近な洋服をテーマに商品を発表している。商品のデザイン、縫製などは全てベトナム国内で行われている。現在はホーチミンにのみショップを持つ。 DVRK(ダーク) : オンラインストア

ギリシャ神話がベース

フィリピン発のTHY ORIGINS (ザイオリジンズ)からは、綺麗なパウダーピンクがかわいいTシャツをご紹介。ブランド名の”THY ORIGINS”にもある”THY”は、古い英語で”YOU”と同じ意味で、「汝」と訳される。ギリシャ神話からインスピレーションを受けているという。 ホウホウインスパイアードTシャツ/HawHawInspiredTee  

THY ORIGINS (ザイオリジンズ)とは?

フィリピン発のストリートブランド。ギリシャ神話をベースにした独特なビジュアルと、グラフィックデザインを掛け合わせたストリートスタイルが東南アジアを中心に人気を博している。レトロなグラフィックラインとフィリピンらしいレリジョンスタイルを両方取り入れたTシャツが人気アイテムとなっている。 Thy Origins ( ザイオリジンズ):オンラインストア 東南アジア発ブランドのグラフィックアイテムは、メッセージは多種多様なものの、ポップな色使いのものが多い。1年中暑く、街の色使いや植物などもカラフルなものが多いため、デザイナーも自然と明るい色を選んでいるのかもしれない。 60%では、今回ご紹介した以外にも東南アジア発ブランドのグラフィックアイテムを扱っている。様々なメッセージのものを揃えておいて、その日の気分に合わせて決める、というのもファッションの新しい選び方かもしれない。
東南アジア発ブランドをもっと知りたい方はこちら タイ・バンコク在住ライターが見た、現地の若者のファッション事情       | 60MAG(シックスティーマガジン) 東南アジアのトレンドセッター!タイを代表するブランドデザイナーを一挙ご紹介 | 60MAG(シックスティーマガジン) 東南アジアのストリートカルチャーを切り開く。注目のブランド&デザイナーをピックアップ | 60MAG(シックスティーマガジン)