春に向けてロンTが欲しい!アジアブランドから2021年厳選アイテムを紹介

春に向けてロンTが欲しい!アジアブランドから2021年厳選アイテムを紹介

春はシンプルにトップスを主役にしたコーディネートが映える。気候が暖かい春だからこそロンTが大活躍してくれる。トップスをメインするスタイルは、パンツをシンプルにするだけで良いので、楽にお洒落を楽しむことができる。 今回は春先に着たくなるようなロンTをピックアップして紹介しようと思う。

フォルコム長袖Tシャツ

春は明るい色を主体にしたロンTをコーディネートに取り入れてほしい。ピッチの大きいボーダーは、コーディネートの主役にふさわしい。黄色×黒の色調は派手すぎないデザインなので、カジュアルなスタイルに適しているアイテムだ。 フォルコム長袖Tシャツ/FOLCOMLONGSLEEVET-SHIRTS  

-freakishbuilding(フリーキッシュビルディング)とは?

freakishbuilding(フリーキッシュビルディング)は韓国・ソウル発のストリートウェアブランド。ステイホームスタイルにちなんだカジュアル✖︎ストリートウェアを融合させたスタイルが20代〜30代に人気を誇る新進気鋭ブランド。 freakishbuilding (フリーキッシュビルディング): 公式通販サイト

レヴィストライプスウェット

トリコカラーとピッチの小さいボーダーは、ロンTをよりカジュアルなアイテムにしてくれる。最近のトレンドを意識するなら、ピッチの小さいボーダーを選ぶと良い。ボーダーはピッチの幅で表情が変わるので、スタイルに合わせたアイテムを手に入れてみてほしい。 レヴィストライプスウェット/LeviStripeSweatShirt(3color)  

ピグメントスウェットシャツ

ASCLO(エジュクロ)は、ロンTにMA-1のシガーポケットのディテールを取り入れることでミリタリー調をプラスしている。シガーポケットはシンプルなディテールながらもアイテムの個性を作り出している。また、ピグメント加工のアイテムは、色落ちによる経年変化を楽しむことができる。使用していくと、古着アイテムのようにも変化する不思議なロンTだ。 ピグメントスウェットシャツ/WitPigmentMA-1SweatShirt(3color)  

-ASCLO(エジュクロ)とは?

ASCLOは韓国・ソウル発祥のモード・カジュアルウェアブランド。BTSやSEVENTEENの愛用ブランドとして日本でも知名度が高く、シンプルなアイテムラインをベースに「韓国ファッションスタイル」の元祖スタイルを浸透させたブランドとしてASCLOの名があがる。2020年12月、60%に入店する事となった。 ASCLO (エジュクロ) |公式通販サイト

ヴィンテージ P.ダイイングカットアウトボックスTシャツ

A NOTHING( エーナッシング)のロンTは、独特な裾のカッティングやあえて裏地を見せるインサイドアウトの手法で個性を演出している。この加工によりアイテムがヴィンテージ風に仕上がり、懐古的な風情を感じることができる。ぜひグランジのストリートスタイルに合わせてみてほしいアイテムだ。 PRE-ORDER6/30~VINTAGEP.DYEINGCUT-OUTBOXTEE/[プレオーダー6月30日〜]ヴィンテージP.ダイイングカットアウトボックスTシャツ    

ドロップショルダーベルベットTシャツ

ベルベットのロンTは、他の素材では見ることができない独特の光沢感を放っている。オールブラックのスタイルに取り入れると、素材感によりコーディネートにメリハリをつけることができる。上品な光沢で、綺麗めモードスタイルに挑戦してみてはいかがだろうか。 PRE-ORDER6/30~DROP-SHOULDERVELVETTEE/[プレオーダー6月30日〜]ドロップショルダーベルベットTシャツ  

-A NOTHING( エーナッシング)とは?

A NOTHING(エーナッシング)は韓国発のモード・カジュアルブランド。BTSのメンバーがプロモーションビデオやテレビなどで愛用していることから韓国やアジアを中心に人気を拡大させた。モードスタイルな展開に対してストリートらしいイマドキなフーディ・Tシャツアイテムも豊富なラインアップで用意をしている。 A NOTHING( エーナッシング) : 公式通販サイト

タイダイ 長袖Tシャツ ブラック

シンプルになりがちなロンTも、タイダイのアイテムをチョイスすることで個性派を演じることができる。色ムラのあるアイテムは、一枚で着てもインナーとして活用しても面白く、シーンに合わせて着用方法を選んでみてほしい。 タイダイ長袖Tシャツブラック/tiedyelongsleeveblack  

-ATAR (アタル)とは?

新進気鋭の韓国デザイナーブランド。ダークウェア(ゴシックウェア)の文化をもとにフューチャリズムの感性を取り入れたブランド。ちなみにATAR(アタル)とは、ヘブライ語で体に布をまくという意味である。コンテンポラリーReady To WearRTW)ラインは、ミニマルながらも解体主義的なルックをベーシックなシルエットにしウェアデザインを展開。ホワイトのロングスリーブをBTSメンバーが着用し、話題を呼んだ。

ATAR (アタル):公式通販サイト

フロス(長袖Tシャツ)

春といってもまだ肌寒く感じることもあるだろう。そんな時は首元を暖かくしてくれるハイネックのロンTを検討してみてはいかがだろうか。ホワイト系の色調は2021年春夏のトレンドカラーでもあるので、TAKEON (テイクオン)のロンTは一石二鳥なアイテムだ。 フロス(長袖Tシャツ)/FLOSS  

-TAKEON (テイクオン)とは?

2019年にニューヨークのSOHO地区で立ち上げられたブランド。ストリートウェアとレディースウェアのブリッジの役割を果たすブランドとして知名度をあげた。また、Jessica ZhaoとChelsea Maがアジアとアメリカのストリートカルチャーを両方を取り入れたデザインを制作。TAKEONは現在上海やNew York、東京などで販売を行っている。日本上陸からJO1などが有名雑誌で着用するほどの人気ブランドとなっている。 TAKEON (テイクオン):オンラインストア

POSSE IN EFFECT 長袖Tシャツ ホワイト

白のロンTはバックロゴのデザインを際立たせてくれる。BANGERS (バンガー)は、POSSE IN EFFECTの文字により、アイテムをストリート調に昇華させている。デニムや太めのスラックスと合わせて、90年代のストリートシーンを再現してみるといい。 POSSEINEFFECT長袖Tシャツホワイト/POSSEINEFFECTLSVTSHIRT_WHITE  

-BANGERS (バンガー)とは?

韓国発のヤングシーンに向けたストリートブランド。ポップな色合いのロゴやスタイルを合わせたユニセックスアイテムが特徴となっている。また、アメリカンなスタイルを特徴にしたビジュアルをTシャツやパーカーにのせたシンプルな形が人気となり、BTS等のK-POP ARTISTが着用をしている。 Bangers (バンガー)

オーバルロゴロングスリーブTシャツ

ブラックでシンプルなデザインのロンTは、着用者にモードな印象を付与してくれるアイテムだ。オーバーサイズに着こなして、気だるい雰囲気を漂わせるスタイルに仕上げてみてほしい。 オーバルロゴロングスリーブTシャツ/OVALLOGOLSTEE  

-MAHAGRID (マハグリッド)とは?

韓国を代表するストリートブランド。20代の男女を中心に人気を集め、2019年度は2ヶ月でTシャツだけで10万枚以上を即完させるカルトブランドへと成長している。K-POPアーティストの着用と合わせて多くのイベントを韓国のみならずアジア各国で展開し、ブランドの知名度や規模を拡大させている。また「ストリートすぎない」というミニマリズムの真髄を追求したデザインが、韓国を中心に人気を博している。 mahagrid (マハグリッド)|公式通販サイト

BKラグビーストライプロンT

ゆったりとしたサイズ感が特徴的なこちらのロンTは、太めのボーダー柄とポロシャツのような襟が良いアクセントになっている。落ち着いたカラー使いながらも程よい存在感を演出してくれる。さらに着回し力もバツグンだ。 BKラグビーストライプロンTNo.8731BKrugbystripeT(3color) HOLY IN CODE(ホーリーインコード)とは? HOLY IN CODE(ホーリーインコード)は、韓国・ソウル発のストリートブランドだ。デイリーで使える話題の韓国ストリートブランドで、着まわしやすいアイテムを多く取り揃えている。ソウル現地でトレンドのアイテムを多数展開しており、その人気は日本国内でも話題となっている。 HOLY IN CODE (ホーリーインコード)|公式通販サイト 気になるロンTはあっただろうか。ロンTは気軽に着ることができて、一枚で様になる春先のマストアイテムだ。また、ロンTは春先だけではなく、秋冬にはインナーとしても活躍してくれるので、オールシーズン着ることも検討してアイテムを探してみてほしい。
アジアのファッションが気になる方はこちら シンプルから個性派まで、韓国ブランドからイチ押しニット帽10選 | 60MAG(シックスティーマガジン) 台湾発 ネオストリートブランドMaryJaneNite(マリージェーンナイト)の個性溢れるキャップ | 60MAG(シックスティーマガジン) 【2021年再燃】アメリカにも負けない人気!アジアンファッションブランドの大学風パーカー特集