メンズ服をあえて着る。この冬のオーバーサイズのすすめ

メンズ服をあえて着る。この冬のオーバーサイズのすすめ

ファッションは、男女の境界線を曖昧にする力を持っている。特に近年のブランドはユニセックスアイテムのリリースも珍しくなく、ファッションにおいて性別のボーダーレス化は当たり前になってきた。このような傾向は好ましいことで、ただでさえ幅広いジャンルを持つファッションだが、まだまだ進化の余地が十分にありそうだ。 そして、今回ピックアップしていくのはメンズライクな着こなしについてだ。メンズアイテムをレディースファッションに上手く取り入れるコツを解説していこうと思う。

ジャケットはオーバーサイズを選ぶ

メンズアイテムの印象が強いジャケットは、あえてオーバーサイズに着ることでメンズライクを主張するといい。ジャケットはレディースにも馴染んできたアイテムだが、レディースブランドでは小さめのサイズでリリースされることが多いので、メンズライクに着るならメンズブランドを選択しよう。 フォーマルなテーラードジャケットは、カジュアルにもモードにも使える万能アイテムだ。 ツーボタンスーツジャケット/Two-buttonsuitjacket  

ツーボタンスーツジャケット

こちらはダブルボタン使用のジャケットで、よりメンズ感を強めてくれるアイテムだ。ダブルジャケットは60年代頃から流行したアイテムで、当時から紳士服として着用されており、男性の服とイメージづいている。それに反してメンズが着用すると野暮ったく見えることが難点だが、レディースのコーディネートであればメンズライクに昇華できる。 メンズライクなジャケット選びは野暮ったさをポイントに探すと上手くいく。 ツーボタンスーツジャケット/Two-buttonsuitjacket  

-NINE ELEVEN(ナインイレブン)とは?

Nine Eleven (ナインイレブン)は2016年に立ち上がった韓国・ソウル発のストリートウェアブランド。パンクスタイルからストリートウェアまで、多くのアイテムラインを持つことで有名。 また、KPOPアーティストとして知名度の高いGOT7、SEVENTEEN、IZ*ONE、Super Junior, ITZY等多くのアーティストがブランドを愛用することで知られる。SIXTYPERCENTで日本初上陸を果たすことになった。 Nineeleven  

メンズライクはブラックを選べば間違いない

一概にブラックをメンズライクとは言い切れないが、メンズが色鮮やかなアイテムを選択することは珍しい。男性的なカラーのブラックは、レディースファッションを中和する役割を持つ。特にパーカーのように男女を問わず着用できるアイテムは、色の選択が重要なポイントになる。メンズライクを作るならモノトーンのパーカーを選ぶことを推奨する。 クラブエッセンシャルフードパーカー/CLUBESSENTIALHOOD  

-FCMM (エフシーエムエム)とは?

スポーティースタイルに新風を巻き起こす韓国発のカジュアルブランド。スタイリッシュかつ機能的で誰でも身につけやすいプロダクトを提案し続けている。韓国オルチャン・読モの間で流行中のブランド。 スポーティなデザインとFCMMのロゴで人気沸騰中。比較的シンプルなデザインにFCMMというロゴに目が行く。季節を問わず快適に着られる、誰にでも着られるスタイリッシュで機能的な服を目指してデザインされている。これまでに多くのスポーツブランドとのコラボを多数展開。 FCMM (エフシーエムエム):公式通販サイト  

ホークパーカー

メンズライクを作る上で外せないアイテムは、アバンギャルドなプリントが施されたパーカーだ。このカテゴリーのアイテムは、オーバーサイズに着ることで思い切り野暮ったさを演出すると面白い。そして、着用していきプリントが剥がれることでメンズライクな古着アイテムにも仕上げることができる。 ホークパーカー/HAWK  

-driftout(ドリフトアウト)とは?

driftout(ドリフトアウト)は韓国・ソウル発祥のグラフィックデザインをベースとしたブランド。ソーシャルステートメントなどを主にグラフィックに落とし込むスタイルが20代を中心に話題をよんでいる。SIXTYPERCENTで日本初上陸を果たすこととなった。 driftout (ドリフトアウト): 公式通販サイト  

デニムはロールアップがポイント

デニムは労働者の作業着として作られたアイテムで、古来から男性を支えてきたワークウェアの一つだ。現代では男女ともに着用されているデニムだが、メンズライクを意識するならオーバーサイズに緩く着こなしてみよう。また、ロールアップは綺麗に施すのではなく、スナップのように計算されていない素朴さを真似てみてほしい。ワンロールの野暮ったさをあえて活用していきたいところだ。 ブラックデニムパンツ/SRRallUpBlackDenimPants  

-ASCLO(エジュクロ)とは?

ASCLOは韓国・ソウル発祥のモード・カジュアルウェアブランド。BTSやSEVENTEENの愛用ブランドとして日本でも知名度が高く、シンプルなアイテムラインをベースに「韓国ファッションスタイル」の元祖スタイルを浸透させたブランドとしてASCLOの名があがる。2020年12月、60%に入店する事となった。 ASCLO (エジュクロ) |公式通販サイト  

ミリタリーアイテムの無骨さを活かす

ミリタリーアイテムといえば無骨さが際立つカテゴリーだ。いうまでもなくメンズが着用すると様になるが、その無骨さはレディースファッションにも活用できる。MA-1はワンピースやロングスカートとも合わせることができるミリタリーアイテムだ。MA-1のミニマムなフォルムはレディース特有のアイテムとも相性が良い。 ミリタリーアイテムは、レディースアイテムと合わせて無骨さの緩和を図ろう。 MA-1シャーリングジャンパー/MA-1SHIRRINGJUMPER  

ピグメントワイドカーゴパンツ

ミリタリーアイテムの中でも馴染み深いアイテムのカーゴパンツは、ワイドタイプを選択してトレンドも意識した着こなしをしてみよう。カーゴパンツはカラーで表情が異なるので、カジュアルならグリーン、モードならブラックとスタイルに合わせた色の選択をするといい。ミリタリーパンツの代表格は、メンズライクに最適のアイテムだ。 ピグメントワイドカーゴパンツ/PIGMENTWASHINGWIDECARGOPANTS  

-GINGHAMBUS(ギンガムバス)とは?

GINGHAMBUS(ギンガムバス)は韓国・ソウル発のストリートブランド。アメリカンストリートと韓国のスタイルを融合した人気ブランド。カジュアルウェアをメインに展開し、ニットアイテムが注目の商品となっている。SIXTYPERCENTで日本初上陸を果たすこととなった。 ginghambus (ギンガムバス): 公式通販サイト   メンズアイテムをレディースファッションに取り入れることはそこまで難しいことではない。まだメンズアイテムを手にしたことがない人は、臆さず挑戦してみて欲しいと思う。 メンズ、レディースとカテゴライズすることは簡単だが、先入観をなくしてファションを楽しむことは容易なことではない。ファッションは国境や性別を関係なく楽しめる珍しいカテゴリーなので、怯むことなく自分らしさを表現してみてはいかがだろうか。
他のアジアブランドが気になる方はこちらの記事をチェック 冬の制服コーデにぴったり!女子にオススメのパーカー・スウェットを紹介 | 60MAG(シックスティーマガジン) 韓国ファッションにも90年代の波が来ている。レディースのレトロアイテムがとにかく可愛い | 60MAG(シックスティーマガジン) ルーズがキーワード! メンズにもレディースにも大人気な身幅たっぷりニット特集 | 60MAG(シックスティーマガジン)