大学生にお勧めブランドを紹介。 コスパ良しなファッション性に優れた“メイドインアジア”が今アツい

大学生にお勧めブランドを紹介。 コスパ良しなファッション性に優れた“メイドインアジア”が今アツい

学生時代こそファッションは楽しみたいと思うものだ。常に新しい服で着飾って、学生生活を楽しみたいと願うのは当然の考えではないだろうか。しかし、現実として金銭的な問題が降りかかってくる。 そこで、財布に優しくファッション性に優れたブランドを知っていると便利だ。今回はそんな学生たちを救ってくれる才色兼備なブランドを紹介していこうと思う。

FCMM (エフシーエムエム)

[caption id="attachment_40443" align="alignnone" width="750"] https://www.instagram.com/p/CCDYNJaB11C/?igshid=17hv9pm763uay[/caption] FCMM (エフシーエムエム)のロゴを街中で見かけたことはないだろうか。FCMM (エフシーエムエム)は、カジュアルでスポーティーなアイテムを中心に展開を繰り広げているブランドだ。韓国の読モや大学生にも話題なブランドは、若者にとっては刺激的なアイテムが多いはずだ。ぜひ、コストパフォーマンスに優れたアイテムたちをブランドからチェックしてみてほしい。

グランピングスウェットシャツ

着まわしやすさNo.1と言っても過言ではないトレーナー。シンプルな地のカラーにFCMM(エフシーエムエム)のロゴが映えたアイテムだ。 グランピングスウェットシャツ/OBLIQUEGLAMPINGMTM  

サイドラインフリースフードジャンパー

フリースもトレンドのアイテムだが、ジップアップパーカーのフォルムはあまり見かけない。ただのフリースではないマイノリティな要素も嬉しい一着。FCMM (エフシーエムエム)は、フリースを可愛らしくも個性的なアイテムに仕上げており、大学生のマンネリ化も解消。 サイドラインフリースフードジャンパー/SIDELINEFLEECEHOODJUMPER  

オブリークグロッシーソックス

豊富なカラーバリエーションのソックスはスニーカーと相性が良い。ストリートスタイルでたびたび注目されるソックスだが、FCMM (エフシーエムエム)のアイテムを選ぶと外さない。手頃な価格のアイテムは、気軽に手にすることができるのがメリットだ。 オブリークグロッシーソックス/OBLIQUEGLOSSYSOCKS  

-FCMM (エフシーエムエム)とは?

スポーティースタイルに新風を巻き起こす韓国発のカジュアルブランド。スタイリッシュかつ機能的で誰でも身につけやすいプロダクトを提案し続けている。韓国オルチャン・読モの間で流行中のブランド。 スポーティなデザインとFCMMのロゴで人気沸騰中。比較的シンプルなデザインにFCMMというロゴに目が行く。季節を問わず快適に着られる、誰にでも着られるスタイリッシュで機能的な服を目指してデザインされている。これまでに多くのスポーツブランドとのコラボを多数展開。 FCMM (エフシーエムエム):公式通販サイト

Goldie (ゴルディ)

[caption id="attachment_40445" align="alignnone" width="750"] https://www.instagram.com/p/B-RjyhGphRG/?igshid=shji2aa5smnk[/caption] Goldie (ゴルディ)はベトナム発のストリートブランドで、ダークな雰囲気やヒップホップを感じるアイテムが特徴的なブランドだ。また、グラフィックデザイナーによる独特のデザインにも注目してほしい。

ホーンテッドスウェードフーディー

こちらのパーカーはGoldie (ゴルディ)のグラフィック技術が反映されたアイテムといえる。白をベースにした色調に、荒廃した雪山のデザインは個性的なアイテムとしか言いようがない。Goldie (ゴルディ)は、着眼点が面白いアイテムが多いので差別化を図る大学生に適したブランドだ。 ホーンテッドスウェードフーディー/HAUNTEDSUEDEHOODIE  

ワックスドゴルディキャップ

キャップはストリートファッションに活用したいアイテムだ。ムラのある染色が程よい使用感を作り出しており、ストリートには適したアイテムになっている。また、カジュアルダウンを目的にコーディネートに取り入れても良いだろう。デイリー使いに持ってこいな大学生必見のアイテム。 ワックスドゴルディキャップ/WAXEDGOLDIECAP  

-Goldie (ゴルディ)とは?

Goldie (ゴルディ)は2017年に創立されたベトナム発のストリートウェアブランド。ベトナムで今話題となっている地下に展開するセレクトストア 「The New Playground」にも店舗をおき、HIPHOPシーンやヤグカルチャーシーンから圧倒的な支持を得る。 ベトナムらしいダークストリートを基調に、#アジアンストリートらしいスタイルで展開をしている。 Goldie (ゴルディ)

CRUMP(クランプ)

[caption id="attachment_40446" align="alignnone" width="664"] https://www.instagram.com/p/CIXqHd6nUvS/?igshid=107uhi8ideio8[/caption] CRUMP(クランプ)は、日常着使いに適したアイテムをリリースしている。カジュアルで動きやすいアイテムはK-POPアイドルや韓国大学生からも支持され話題になっている。ファッション性と機能性を求めるならCRUMP(クランプ)を選んでみてはどうだろうか。

カンビオトラックジャケット

カラフルなトラックジャケットは軽快な印象を与えてくれる。カジュアルシーンにも活用できるアイテムだが、トラックジャケットはスポーティー要素のあるアイテムなのでストリートスタイルにも適している。一石二鳥なアイテムは、お洒落に敏感な学生を助けてくれるだろう。 カンビオトラックジャケット/cambiotrackjacket  

プレミアムカーゴジョガー4ポケットバンディングスラックス

カーゴパンツは、ファッション性と機能性を両立させているアイテムの代表格だ。サイドに4つのポケットを配置したアイテムには、CRUMP(クランプ)の独自性を感じさせる。トレンドのミリタリーアイテムは迷うことなく手にしても良いのでは。 プレミアムカーゴジョガー4ポケットバンディングスラックス/premiumcargojogger4poketbandingslacks  

ロケーションロゴTシャツ

Tシャツはどのブランドでも手を出しやすいカテゴリーだが、CRUMP(クランプ)のように絶妙なサイズをリリースしているのは珍しい。身幅や着丈ではなく、袖丈でゆるさを表しているところは、今の時代に沿ったサイズ展開に思える。CRUMP(クランプ)のTシャツは、気張りすぎずにファッションが楽しめるようにデザインされている。 ロケーションロゴTシャツ/crumplocationlogot-shirt

-CRUMP(クランプ)とは?

KPOPアーティストがステージ衣装やカジュアルウェアとして愛用するCRUMP(クランプ)。韓国・ソウルを拠点に立ち上がり、PENTAGON(ペンタゴン)やIZ*ONE(アイズワン)などが着用し話題となっている。 CRUMP (クランプ)|公式通販サイト

DUCKDIVE (ダックダイブ)

[caption id="attachment_40442" align="alignnone" width="750"] https://www.instagram.com/p/Bn8dQwTFhvH/?igshid=1f81vzxwjed5m[/caption] DUCKDIVE (ダックダイブ)は、ソウルの人気モデルJOOWONDAE(ジョーウォンデ)が携わるストリートウェアブランドだ。ファッションモデル特有の感覚を反映させたアイテムたちは大学生始め、幅広い世代に人気を博している。トレンドセッターが手がける注目するべきブランドだ。

COS MA-1 ジャケット

DUCKDIVE (ダックダイブ)のアイテムを簡単に言葉に表すと"今っぽい"という言葉がぴったりだ。ミリタリーアイテムで人気を誇るMA-1をショート丈に仕上げているのは今の流行を押さえている証拠だ。モードにもストリートスタイルにも最適なアイテムとなっている。 COSMA-1 ジャケット/COSMA-1  

リネンサルエルパンツ

サルエルパンツは、股上にゆとりがあるデザインで動きやすいアイテムとなっている。DUCKDIVE (ダックダイブ)が提案するサルエルパンツは、股上が深すぎないのでどのスタイルと合わせても違和感がない。このスペックのサルエルパンツは中々見つからないので、日常使いに手にしておきたいところだ。 リネンサルエルパンツ/LINENSARROUELPANTS  

-DUCKDIVE (ダックダイブ)とは?

DUCKDIVEは韓国・ソウル発のストリートウェアブランドで、ブランドプロデューサーとしてソウルの人気モデル<JOOWONDAE(ジョーウォンデ)>が携わっている。元々ソウルファッションを牽引する人気モデルとして台頭し、その後ストリートシーンを牽引するブランドとなっている。また、着用例としてBTSやMonsta Xらが着用している。またストリートブランドとしては珍しく、ブレザージャケットなどもアイテムライナップとして展開をしている。 DUCKDIVE (ダックダイブ):公式通販サイト 今回紹介したのは、ファッション性に富んだアイテムが多いにも関わらずお財布に優しい、大学生も手を出しやすいブランド達。安価なアイテムに良い印象を持たない人もいるが、決してハイブランドがファッションを先導しているとは言い切れない。もはや、ファッションを原価信仰で捉えるのは古い考えと言えるだろう。 現代の価値観にフォーカスし、時代に沿った服作りができるブランドはいつの時代も流行を作り出している。今回ピックアップしたブランドたちは、きっとこれからの大学生活に味方してくれるだろう。
アジアブランドをもっと知りたい方はこちらの記事もチェック 冬コーデに最適な柄ニット特集 アジアンブランドの個性派ニットで周囲と差をつける | 60MAG(シックスティーマガジン) 世界で活躍するBTSをも魅了するCOMPAGNO (コンパーニョ) とは? ブランド名に込められた思いを紐解く | 60MAG(シックスティーマガジン) アニマル柄は大胆に、時にさり気なく。アジアンブランドからアニマル柄を駆使したオススメアイテムをご紹介 | 60MAG(シックスティーマガジン)