何枚あっても困らない。常夏の東南アジア発ブランドからTシャツ特集

何枚あっても困らない。常夏の東南アジア発ブランドからTシャツ特集

ここ最近、寒い日々が続く日本。もう冬のない国に行きたい、と思ったことはあるだろうか? タイやベトナムなど東南アジアの国々は文字通り、常夏だ。1年を通してほぼ毎日30度を超えるため、さらりと着られるTシャツが1年中欠かせない。エリアにもよるが、冬服の出番はほぼゼロ。Tシャツは何枚あっても困ることはないのだ。 そんな東南アジア発のブランドから展開されているTシャツをご紹介。

カンボジア発ストリートブランド

カンボジア発のストリートウェアブランドUN:COMMON (アン コモン)からは、くすみブルーのTシャツ。シンプルでも地味過ぎないバックプリントが印象的だ。 ユニバーシティーV2Tシャツ/UNIVERSITYV2TEE  

クールなカンボジア語プリント

大胆なカンボジア語のプリントが気になるアイテム。すれ違う人のほとんどは何と書いてあるかわからないはずだが、それがむしろクールさを引き立てる。 スベックソムTシャツ/SbekThomTee  

UN:COMMON (アン コモン)とは?

カンボジア発のストリートウェアブランド。社会のステートメントや反骨精神を取り入れたチャレンジングなセンテンスを取り入れたTシャツなどが人気アイテムとなっている。また東南アジアのユースカルチャーをアパレルラインに展開していくことで、10代~20代まで幅広い年齢層から人気を集めている。 UN:COMMON (アン コモン) |オンラインストア

ベトナム発ブランドで差をつける

ベトナム発のコンテンポラリーストリートブランドHEADLESS (ヘッドレス)からは、前後の長さが違うアシンメトリーデザインが美しいTシャツ。モードにも楽しめる。 Rawトップス/Rawtops  

ビッグポケットが主役

HEADLESS (ヘッドレス)からもう1アイテムご紹介するのは、胸元のビッグポケットが目立つTシャツ。ポケットもここまで来れば主役になる。 ビッグポケットTシャツ/BigPocT-shirt  

HEADLESS (ヘッドレス)とは?

2015年ヴェトナム発のコンテンポラリーストリートブランド。近未来を感じさせる世界観と個性的なフォルムのデザインが特徴。主にモノクロというシンプルなカラーリングでユニセックスに楽しんでもらえる洋服を提供しており、モードにもシンプルなストリートスタイルにも着用できるが、デザインにこだわっているため、一枚でインパクトが出せるようになっている。ハイブランドのようなデザインがお手頃な値段で手に入れられるのも魅力。 HEADLESS (ヘッドレス):オンラインストア

ベトナムの人気ラッパー愛用ブランド

人気ラッパーが着用するなどして人気のベトナム発ブランドBEUTER (バウター)からは、澄んだようなライトブルーが綺麗なTシャツ。クールなバックプリントが特徴。 コンセプトTシャツブルー/BEUTERCONCEPTLIGHTBLUET-SHIRT  

BEUTER (バウター)とは?

ベトナム発のストリートウェアブランド。ベトナムに常設店舗と人気ストア "the new playground"に店舗をもつ。エキゾチックなペイントスタイルのTシャツやロングスリーブが人気で、ベルトなどの小物も多く取り揃えている。ベトナム人気ラッパーなどが多数着用して話題を呼んでいる新進気鋭ブランド。 BEUTER (バウター):オンラインストア

ロサンゼルス発ベトナム産

ロサンゼルス在住のベトナム人デザイナーが作り出すDVRK(ダーク)からは、前後とも全面に施されたグラフィックがユニークなアイテム。これを取り入れるだけで一気にストリートっぽさが出る。 トラップTシャツ/DVRKWIREDTEE  

DVRK(ダーク)とは?

2015年にベトナム人デザイナーによって発表されたロサンゼルス発のブランド。コレクションごとにもちろん意味はあるが、消費者のライフスタイルに身近な洋服をテーマに商品を発表している。商品のデザイン、縫製などは全てベトナム国内で行われている。現在はホーチミンにのみショップを持つ。 DVRK(ダーク) : オンラインストア

アメリカ西海岸のスタイルを取り入れる

ジャカルタ発のストリートブランドYAUDS.CO (ヤード)からは、スケーターのグラフィックが爽やかなTシャツ。風の気持ちのいいアメリカ西海岸のビーチを思い起こさせる。 グラインドTシャツ/GRINDWHTT-SHIRT  

YAUDS.CO (ヤード)とは?

YAUDS.CO (ヤード)は、2016年に発祥したジャカルタ発のストリートウェアブランドで、Yudha Cessarが立ち上げた。ブランド名は自身の名から取り、後にYAUDSというブランド名へ切り替えた。YAUDS.はグラフィック・スケーター・BMXそしてミュージックの4軸を中心としたブランド展開を行い、ジャカルタやアメリカ等幅広い地域にファンを持つ。スケートやBMXでシンガポールやアメリカ西海岸などのスタイルを中心に展開している。 YAUDS.co (ヤード):オンラインストア

東南アジアを虜にするインドネシア発ブランド

フィリピンやマレーシアにもファンが多いというインドネシア発のブランドCROOZ(クルーズ)からは、ポップなバックプリントが気分を上げるロゴ入りTシャツ。 ハングルーズTシャツ/HANGLOOSET-Shirt(Copy)  

CROOZ(クルーズ)とは?

2003年設立されたインドネシア発のストリートファッションブランド。今やインドネシアだけでなく、マレーシアやフィリピンの若者をも虜にしている。「音楽とともに」がコンセプトである。 Crooz(クルーズ) : 公式通販サイト

得意のパロディTシャツ

バンコク発のストリートブランドMADWORKS CLOTHING(マッドワークス クロージング)からは、ロサンゼルスにある有名な「HOLLYWOOD」サインの大胆なパロディTシャツ。すれ違う人の反応が楽しい。 ホーリーシットサインTシャツ/H0LLYSHITSIGN  

MADWORKS CLOTHING(マッドワークス クロージング)とは?

MADWORKS CLOTHINGは、タイ・バンコク発のストリートウェアブランド。日本を含めた3ヵ国で展開をしており、アメリカンストリートとバンコクらしいDOPEなビジュアルを用いたアイテム展開がアジアを中心に人気を集めている。アンダーグラウンドシーンのバンコク代表格となるブランド。 MADWORKS CLOTHING(マッドワークス クロージング) |公式通販サイト

ベイビーピンクが夏らしい

こちらのTシャツは、夏に着たくなるような淡いピンクカラーがポイント。センターにあるイラストも程よい存在感を演出しており、さまざまなコーディネートに合わせられる。 ホウホウインスパイアードTシャツ/HawHawInspiredTee

– Thy origins(ザイオリジンズ)とは?

ギリシャ神話をベースにした独特なビジュアルと、グラフィックデザインを掛け合わせたストリートスタイルが東南アジアを中心に人気を博しており、レトロなグラフィックラインとフィリピンらしいレリジョンスタイルを両方取り入れたTシャツが人気アイテムとなっているブランドだ。     常夏の東南アジア発のブランドは、シンプルなカラーやロゴを得意とする韓国ブランドとはまた違う魅力がある。暑い国には陽気な人が多いと言うが、デザインにもそれが表れている面があるからかもしれない。人と被らないTシャツを探している人は、レアな東南アジアブランドの中からぜひお気に入りを探してみよう。  
東南アジア発のブランドが気になる方はこちらもチェック 【連載:アジアンストリート】UN:COMMON (アン コモン)設立者が表現する戦後からの奮闘「カンボジアは今、カルチャーを”創造”している」 | 60MAG(シックスティーマガジン) ベトナム生まれのデザイナーズブランド BEUTER (バウター)の男らしいメンズアイテム | 60MAG(シックスティーマガジン)