夏のお手軽コーデに開襟半袖シャツ アジアンブランドから人気アイテム10選

夏のお手軽コーデに開襟半袖シャツ アジアンブランドから人気アイテム10選

夏にしか着れない、そして夏こそ着たいアイテム代表こそ開襟シャツ/半袖シャツだろう。常夏の国もあるアジアのデザイナーズブランドはそんな夏シャツを得意とする。バラエティに富んだ、その様相を眺めるだけで夏が待ち遠しくなるアイテムが並ぶ。 そんな中からオススメの開襟半袖シャツ10選をご紹介。

ROCKET X LUNCH Rブリーチデニムシャツ

2010年に誕生した韓国初のブランド・ROCKET X LUNCH。ソウルファッションウィークにも出展する次世代の注目ブランド。独特のカラー使いとユーモアのあるデザインで韓国国内でも人気が高い。コンテンポラリーヤングカジュアルウェアブランド。滲んだようなデザインで、ボディの上下でカラーが切り替えになっている涼しいアイテムだ。 【商品説明】 ブランド:ROCKET X LUNCH(ロケットランチ) アイテム:Rブリーチデニムシャツ 価格:¥15,210

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/collections/アウター/products/r-bleach-denim-shirt-1" ]

 

Grayscale Future マリオットシャツ

Grayscale Futureは、2009年にインドネシア・ジャカルタで誕生したストリートウェアブランド。高品質と高いブランディング力でジャカルタのみならずアジア中心に急成長を遂げている。こちらはシックなデザインで、夏のナイトシーンにこそ映えそうなデザインの一枚。 【商品説明】 ブランド:Grayscale Future(グレースケールフューチャー) アイテム:マリオットシャツ 価格:¥7,000

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/collections/アウター/products/mariot" ]

 

DAUSPICE アンティグラビティーポロシャツ

DAUSPICEは、韓国の有名ダンサーRyuD(リュジェジュン)により立ち上げられたブランド。 ダンサーのための、ダンスの振り付けを創り出すような世界を表現したデザインが特徴。体を動かしたくなるこれからの季節にこそ、動きやすさを考慮された当ブランドのアイテムがふさわしい。 【商品説明】 ブランド:DAUSPICE(ダウスパイス) アイテム:アンティグラビティーポロシャツ 価格:¥8,690

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/collections/アウター/products/anti-gravity-polo-shirts-black" ]

 

PLATEAU STUDIO バンダナスプライスドシャツ

台湾発のストリートブランド・PLATEAU STUDIO。オーバーサイズのアイテムをユニセックスで展開している。台湾らしい中華系のオールドスタイルなアイテムが評判を呼んでいる。ブルーのバンダナが涼しい様相の開襟シャツ。ディティールのカッティング等、細部にも趣向を凝らした最もオススメしたいアイテムの一つだ。 【商品説明】 ブランド:PLATEAU STUDIO(プラテールスタジオ) アイテム:バンダナスプライスドシャツ 価格:¥20,000

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/collections/アウター/products/bandana-spliced-shirt-blue" ]

 

TAKEON クラウンド(半袖シャツ)

2019年にニューヨークのSOHO地区で立ち上げられたブランド・TAKEON。ストリートウェアとレディースウェアのブリッジの役割を果たすブランドとしてスタートした。デザイナー2名のによるデザイン力に、アジアとアメリカのストリートカルチャーを取り入れた新しさが眩しい。ホワイトの襟付きシャツは固い印象と思いきゃ、特大のボタンにブランドならではのユニークさが詰まっている。 【商品説明】 ブランド:TAKEON(テイクオン) アイテム:クラウンド(半袖シャツ) 価格:¥15,400

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/products/crowned-半袖シャツ?_pos=14&_sid=1c8c6a695&_ss=r" ]

 

TAKEON アリウム(花柄シャツ)

TAKEONはニューヨークのみならず、現在では上海や東京などにもその域を広げており、近年ではJO1が着用するなど、話題に事欠かないブランドへと成長している。花柄の開襟シャツは、パステルカラーが海にも森にも似合う絶妙なカラーリングに仕上がっている。 【商品説明】 ブランド:TAKEON(テイクオン) アイテム:アリウム(花柄シャツ) 価格:¥16,500

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/products/allium花柄シャツ?_pos=22&_sid=1c8c6a695&_ss=r" ]

 

MASSNOUN CIロゴハザードオーバーサイズショートシャツ

MASSNOUNは2016年に設立された新進気鋭のモード系ストリートブランド。厚めのボディでしっかりした生地をベースに、シンプルかつブランドロゴを大きく展開するモノクロ系のアイテムが特徴。バックには2つの顔、フロントは胸元のブランドロゴだけというシンプル極まりないアイテムだけに、メッセージ性が強い。 【商品説明】 ブランド:MASSNOUN(マスノウン) アイテム:CIロゴハザードオーバーサイズショートシャツ 価格:¥6,866

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/products/ci-logo-hazard-oversized-short-shirts-mszst002?_pos=126&_sid=1c8c6a695&_ss=r" ]

 

Cibola ユニコーンシャツバティック

インドネシア、バリ島で生まれたアンダーグラウンドストリートウェアブランドがCibola。2006年からバリ島で展開をスタートさせ、次第にインスタグラムでアイテムが話題を呼び人気を博すようになった。バリ島で始まったという背景を軸に、暑さと夏が似合うアイテムが充実しており、こちらの開襟シャツもその一つと言える。 【商品説明】 ブランド:Cibola(シボラ) アイテム:ユニコーンシャツバティック 価格:¥7,264

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/collections/半袖シャツ0/products/unicorn-shirt-batik" ]

 

HEADLESS X6シャツ サイバーピンク

2015年ベトナム発のコンテンポラリーストリートブランド。近未来を感じさせる世界観と個性的なフォルムのデザインが特徴。こちらはセットアップで楽しみたい男性にこそなピンクの半袖シャツ。腕をまくるとグレーの縫い代が出てくるなど、ディティールにこだわりが垣間見える。 【商品説明】 ブランド:HEADLESS(ヘッドレス) アイテム:X6シャツ サイバーピンク 価格:¥4,550

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/products/x6-shirts-cyberpink?_pos=77&_sid=1c8c6a695&_ss=r" ]

 

MADMARS 襟付きシャツ

"BE CREATIVE OR DIE” 韓国発のストリートウェアブランド。自由を表現できるユニセックスウェアをモットーに洋服を制作。シンプルかつ洗練されたデザインを得意とし、キャッチーな言葉を使ったスタイルは若い世代やハイストリートシーンで注目を集める。バックのブランド名と、スローガンが大きくプリントされた印象的な一枚。 【商品説明】 ブランド:MADMARS(マッドマーズ) アイテム:襟付きシャツ 価格:¥6,682

[maxbutton id="1" url="https://www.sixty-percent.com/products/madmars-collared-t-shirts?_pos=24&_sid=1c8c6a695&_ss=r" ]

  STAY HOMEの夜明けとともに訪れた夏。外に出かけたくて仕方ない、その気持ちに相乗する開襟半袖シャツがあったらどうだろうか。ますます楽しみな夏が訪れるはずだ。 SIXTYPERCENTオススメのアイテムから、あなたのお気に入りを探してみて。