2021年最新版 本当にオススメしたい インドネシア人気ブランド10選

2021年最新版 本当にオススメしたい インドネシア人気ブランド10選

常夏の国・インドネシアに於いて、ストリートカルチャーを発端にファッションシーンが熱を帯びていることをご存知だろうか。ストリートシーンにとどまらず今やれっきとしたデザイナーズブランドと呼べる、素敵なファッションブランドがいくつも登場している。私たちの想像をはるかに超えて、その文化は浸透しているようだ。今回はその中でも、特におすすめしたい10ブランドを厳選してご紹介。

CROOZ(クルーズ)

 
この投稿をInstagramで見る
 

CROOZ ™(@crooz.id)がシェアした投稿

2003年設立されたインドネシア発のストリートファッションブランド。今やインドネシアだけでなく、マレーシアやフィリピンの若者をも虜にしている。「音楽とともに」がコンセプトである。シンプルながらも豊富な色や種類で人々を魅了している。「CROOZ」というロゴデザインが多くの商品に施されており、ブランドの人気と自信を感じる。 Crooz(クルーズ) : 公式通販サイト  

Major Minor(メジャーマイナー)

 
この投稿をInstagramで見る
 

MAJOR MINOR(@majorminorstore)がシェアした投稿

Major Minorはジャカルタ人3名によって設立されたブランドである。デザインの特徴としては、フェミニンそしてミニマリスト的な特徴があげられる。ポップな配色と独自のシルエットによって世界のファッションショーにおいても一際異彩を放っていると言える。2014年にはTokyo Fashion Weekのランウェイを歩いたことでも知られる。 MAJOR MINOR  

URBAIN(アーバイン)

 
この投稿をInstagramで見る
 

Urbain, Inc. Jakarta(@urbain.inc)がシェアした投稿

インドネシア・ジャカルタで不動の地位を誇るプレミアム・ストリートラインが有名なアンダーグラウンドブランド。スケーター文化から台頭し、アジアのストリートカルチャー好きがこぞって着用するブランド。ブランドロゴや、キーセンテンスのシンプルなデザインが中心で、着る人を選ばない。 URBAIN(アーバイン):オンラインストア  

Thanksinsomnia (テンクスインソムニア)

 
この投稿をInstagramで見る
 

Thanksinsomnia®(@thanksinsomnia)がシェアした投稿

 
この投稿をInstagramで見る
 

Thanksinsomnia®(@thanksinsomnia)がシェアした投稿

ジャカルタ人気No.1のストリートファッションブランド。シンプルでポップなデザインのTシャツやフーディー、ソックスなど、ストリートファッションに必要なアイテムが展開されている。インドネシアで発売を行うと瞬時に在庫切れとなるカルトブランドとして人気を誇っている。お手軽な価格の商品ラインナップも嬉しい。 Thanksinsomnia(テンクスインソムニア):オンラインストア

Public Culture(パブリック カルチャー)

 
この投稿をInstagramで見る
 

Public Culture(@public.culture)がシェアした投稿

ユースカルチャーにフォーカスを当てたブランドで、あえて特定のルーツを持たないことによって自由な服作りを目指している。原色大胆に使ったアイテムなどが代表的。STUDIO VOICEに取り上げられるなど、ここ日本でも注目の的となっている。 Public Culture Official Store - Produk Resmi Lengkap & Harga Terbaik | Tokopedia  

C59

 
この投稿をInstagramで見る
 

C59®(@c59store)がシェアした投稿

ブランド名はCaladi59というバンドン市にある道路の名前から取られた略語である。ブランドの歴史は長く1980年に設立されて以降、今なおTシャツラバーなインドネシア人の間で高い人気を誇っている。C59の店舗は今やインドネシア全土に普及しており、日本を含め世界各国へ進出するほどの人気ブランドとなっている。 @c59store | Linktree  

MOTE MOTE

ポップでキュートな刺繍のデザインが印象的なブランド。ブランド名はインドネシア語でビーズを意味する”MOTE”が由来だそう。レディースウェアブランドだが、メンズが着てもクールなアイテムが並ぶ。 詳細はこちら  

Elhaus

ストリートテイストでありながら、藍染や刺し子の技法を取り入れるなど東洋のエッセンスによって独自の世界観を作り上げているブランド。HYPEBEASTで取り上げあられるなど、今インドネシアで最も勢いのあるブランドと言っても過言ではない。 詳細はこちら  

DANJYO HIYOJI

 
この投稿をInstagramで見る
 

Danjyo Hiyoji(@danjyohiyoji)がシェアした投稿

少し変わったブランド名のDANJYO HIYOJIはリザ・マシタとダナ・マウラナの2者によって2011年に設立されたブランド。なんと”DANJYO”は日本語の「男女」から付けられたという。いくつになっても青少年の精神を心に抱き続けていてほしいという理念のもと、インドネシアに於けるストリートファッションを追求している。Tokyo Fashion Weekに登場したことも。 Klik untuk donasi - 1000 Paket Lengkap APD untuk Indonesia  

ERI

インドネシアの伝統工芸生地を取り入れ、美しいフォルムを描くことに定評のあるブランド。人工的な色は使わずに自然の色材を使っており、それはインドネシアの伝統を守っていくという使命のもと唯一できることだとしている。手作りと信憑性の尊さ、重要性を消費者に伝えることによって持続可能な世の中を目指すサポートをしていくことを目指している。こちらのブランドもTokyo Fashion Weekのランウェイを歩いた経験を持つ。 詳細はこちら   インドネシアではストリートカルチャーのみならずがあらゆる分野やシーンを背景に続々とデザイナーズブランドが立ち上がっていることをお分かりいただけただろうか。インドネシアのファッションシーンはこれからがアツい。 また60%ではインドネシアブランドのみならず、多数のアジアのデザイナーズブランドを取り扱っている。ぜひ覗いて行って。
インドネシアのファッションが気になる方はこちらもチェック インドネシアの服装って?知られざるファッション事情を徹底調査 | 60MAG(シックスティーマガジン) インドネシア発のストリートデザイナーズブランドがクール極まりない | 60MAG(シックスティーマガジン) 【連載:アジアンストリート】 CROOZ(クルーズ)設立者MAXに聞く "インドネシアのストリートとスケーターカルチャーの発展" | 60MAG(シックスティーマガジン)