アメリカンテイストを兼ね備えた韓国ストリートブランドJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)を徹底解剖!

アメリカンテイストを兼ね備えた韓国ストリートブランドJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)を徹底解剖!

近年、韓国をはじめとしたアジア全体でストリートブランドの人気が高まっている。時代ごとの音楽や文化といった流行に強く影響を受けたストリートブランドは、そのカッコよさから日本でももちろん大人気だ。 本記事では、数多くのストリートブランドの中でもアメリカや西洋のテイストを感じさせる韓国のストリートブランドJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)を徹底解剖。他のストリートブランドとは一味違うJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)の魅力をぜひチェックしてみて。

韓国発ファッションブランド:J INDUSTRY(ジェーインダストリー)とは?

 
この投稿をInstagramで見る
 

J INDUSTRY®(@j__industry)がシェアした投稿

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)は韓国のソウルで誕生したストリートウェアブランド。NCTのジェヒョンや少女時代のヒョヨン、韓国ソウルで人気のYouTuberやDJまでもがJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)のアイテムを着用したことで、一躍人気のブランドとなった。

NCTのジェヒョンはJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)のTシャツを着用!

 
この投稿をInstagramで見る
 

디스패치 스타일(@dispatch_style)がシェアした投稿

NCT127やNCT Uなどで活躍するNCTのジェヒョンは移動中にJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)のTシャツを着用していた。胸元に大きくずれて書かれた"J INDUSTRY"の文字がカッコよさを際立てる。

少女時代のヒョヨンもJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)のアイテムを着用!

 
この投稿をInstagramで見る
 

J INDUSTRY®(@j__industry)がシェアした投稿

少女時代のメインダンサーとして活躍するヒョヨンはJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)のTシャツを着用していた。”CLEAR FOR TAKE OFF”のロゴが存在感を際立てせている。 また、J INDUSTRY(ジェーインダストリー)の公式インスタグラムには、少女時代のヒョヨンとユナが一緒に踊る動画も投稿されている。それだけ、J INDUSTRY(ジェーインダストリー)は少女時代を初めとするアイドルに愛されているという証拠だろう。
 
この投稿をInstagramで見る
 

J INDUSTRY®(@j__industry)がシェアした投稿

どんなアイテムがある?

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)の特徴は何と言っても、他のストリートブランドには無い西洋チックなビジュアルだ。 アメリカやヨーロッパを彷彿とさせるストリートかつロックテイストなアイテムが揃っている。特に、パーカーは当時のアメカジを想起させるようなデザインとなっている。 また、モードスタイルのジャケットなども扱っており、幅広いジャンルのアイテムを楽しむことができる。

アイテムは何円ぐらいで買える?

ブランドのアイテムと言うと、数万円が当たり前の世界だと思っている人も多いかもしれない。しかし、J INDUSTRY(ジェーインダストリー)のアイテムの価格帯は非常にリーズナブルだ。アイテムごとの価格帯は以下のようになっている。 Tシャツ:4,000円~7,000円 パーカー:8,000円程度 スウェット:7,000円~12,000円 ジャケット:9,000円~12,000円 J INDUSTRY(ジェーインダストリー)のアイテムはリーズナブルなものが多く、Tシャツは5,000円以下で購入が可能だ。 1万円以下でJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)のパーカーが手に入るのも大きな魅力。通常のブランドパーカーであれば、1万円を超えるのが相場だが、J INDUSTRY(ジェーインダストリー)はその相場以下の価格で購入できる。

どんな人が購入すべき?

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)は10代~20代の若い人に大人気だ。ストリートアイテムが好きな人だけでなく、アメカジ風のアイテムが好きな人にもおすすめできる。また少女時代のヒョヨンやユナも着こなしているように、ユニセックスに対応しているため、男性だけでなく、女性もJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)のアイテムを楽しめる。 ストリートアイテムを着用して「おしゃれでカッコいい女子」を目指す人にもおすすめだ。

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)はブランドとして音楽活動も行う

J INDUSTRY SoundCloud J INDUSTRY(ジェーインダストリー)はただのストリートウェアブランドではない。実は、ブランドの名前でSoundCloudも運営している。音楽レーベルのような役割を担い、音源やDJ MIXも公開している。J INDUSTRY(ジェーインダストリー)がDJやアーティストなど音楽関係者から愛されるのにも納得がいく。

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)は日本の店舗で購入できる?

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)を扱っている日本の実店舗情報は、残念ながらない。そのため、韓国国内はまだしも日本国内の実店舗で購入するのは不可能に近いだろう。日本国内からJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)を購入するには、通販サイトを利用することをおすすめする。

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)を扱っている通販サイト

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)を扱っている通販サイトは2つある。それぞれ紹介していこう。

アジアのブランドを250種類以上扱う通販サイト:60%

1つ目は、60%だ。60%はアジアのブランドを250種類以上扱う通販サイトで、ストリート系からガーリー系、雑貨系まで品揃えは多岐にわたる。 また、日本語に対応しているので、日本人にとっては非常に使いやすい仕様となっている。2つ目の通販サイトは英語と韓国語にしか対応していないので、60%で購入を検討する方が注文ミスや決済ミスなどは防げるだろう。 J INDUSTRY (ジェーインダストリー)|公式通販サイト

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)通販サイト

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)が運営する通販サイトだ。公式サイトであるため、安心して購入を検討できるが、残念ながら日本語に対応していない。 前述した通り、英語と韓国語にしか対応いていないので、どちらの言語もに苦手な人にとっては意外と心配かもしれない。

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)イチオシのおすすめアイテムを紹介!

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)イチオシのおすすめアイテムを紹介していく。他のストリートブランドとは一味違うJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)独特のアイテムを楽しんで。

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)らしさを象徴するパーカー

1つ目はJ INDUSTRY(ジェーインダストリー)らしさを具現化したアイテム。フロントのロゴはアメリカやヨーロッパを想起させてくれる。深緑というカラーも奥ゆかしさを感じさせる。 カレッジフーディー/CollegeHoodle

最もリーズナブルなおしゃれTシャツ

J INDUSTRY(ジェーインダストリー)で最もリーズナブルな価格で購入できるTシャツ。シンプルな白地にオレンジのラインがなぞられて、シンプルかつおしゃれな一枚となっている。J INDUSTRY(ジェーインダストリー)の世界観への入りとしては、このくらいシンプルなアイテムでも良いかもしれない。 ベーシックロングスリーブTシャツ/BASICLONGSLEEVE

存在感MAX。誰もが一度は見てしまうスウェットシャツ

J industry 最後に紹介するのは、存在感がありすぎる1枚。 フロントに大きく大胆にプリントされた銃は、道ですれ違う全ての人が一度は目を向けてしまうだろう。挑戦的なこのシャツを着れば、仲間内でも必ず話の中心になれること間違いなしだ。 ピストルシャツ/PistolSweatshirt J INDUSTRY(ジェーインダストリー)は他のストリートブランドとは一風変わったアイテムを扱っている。カッコいいストリートアイテムだけでなく、J INDUSTRY(ジェーインダストリー)のようなロックテイストのアイテムも、いつものコーデに加えてみてはいかがだろうか。