【デニムの新しい可能性】PONY STONE(ポニーストーン)の魅力とは?人気ビンテージアイテムも紹介!

【デニムの新しい可能性】PONY STONE(ポニーストーン)の魅力とは?人気ビンテージアイテムも紹介!

タイ・バンコク発のPONY STONE(ポニーストーン)は、スタイリストであるEUWADEE SRIARUNが「自分が着たい服がどこにもない」ことに気づき自分が着たい服をデザインしたことで生まれたブランドだ。今回は斬新なデザインのデニムが人気のPONY STONE(ポニーストーン)のアイテムと共に、魅力を徹底解説していく。

本記事を読めば、PONY STONE(ポニーストーン)のおすすめアイテムや購入方法といった詳細情報が分かるので、ぜひ最後までチェックしてみて。

目次

PONY STONE(ポニーストーン)とは?

ブランドを立ち上げたEUWADEE SRIARUNが「自分の着たい服が無い」ことに気づき出来上がったファッションブランドがPONY STONE(ポニーストーン)だ。

ビンテージデニムを使用しリメイクした斬新なアイデアで次々に人気アイテムを作り上げてきた。デニムを破るなどの個性的なアイデアで、世界中で人気となった。

コーディネート次第で、大胆セクシーにも大人っぽくも着こなせるアイテムばかりだ。

-PONY STONE(ポニーストーン)のブランドコンセプト「デニムの新しい可能性に挑戦する」

PONY STONE(ポニーストーン)のブランドコンセプトは「デニムの新しい可能性に挑戦する」だ。

コンセプト通り、PONY STONE(ポニーストーン)のアイテムは、どれも斬新かつ大胆なアイテムが多い。見たことのないデザインがデニムの新しい可能性を生みだしていると言えるだろう。

-PONY STONE(ポニーストーン)の価格帯

PONY STONE(ポニーストーン)はハイブランドなだけあって、¥11,000~¥40,000程になっている。

正直、安いとは言えないがPONY STONE(ポニーストーン)は、この金額を払う価値のあるブランドなのだ。

-PONY STONE(ポニーストーン)のアイテムの特徴

ビンテージデニムを中心にアイテムがデザインされている。大胆に切り込みの入ったデニムは、セクシーにも大人っぽくも着こなせる。

ボトムのみならず、トップスの一部をデニムにしたり露出の高いデニムワンピースなど、どのアイテムもビンテージデニムが使用されている。

-PONY STONE(ポニーストーン)の購買層

PONY STONE(ポニーストーン)の購買層は、やはりハイブランドの為20代~30代となっている。

PONY STONE(ポニーストーン)を購入できる通販サイトは?

PONY STONE(ポニーストーン)は現在、店舗での取り扱いがまだない。だが、購入可能な通販サイトがあるので気になる方はチェックしてほしい。

-アジアのブランドをセレクトする通販サイト60%

60%はタイ・バンコクや韓国をはじめとしたアジアブランドを200以上扱う通販サイトだ。
ブランドアイテムが現地価格で買えリーズナブルな価格で提供されている。
PONY STONE(ポニーストーン)の公式通販サイトで、日本未上陸の最新ブランドなど多数取り扱っている。

PONY STONE(ポニーストーン) : 公式通販サイト

-BUYMA(バイマ)

「世界を買える」というキャッチフレーズを元に、様々な海外ブランド商品を販売する通販サイト。
有名な海外ブランドはだいたいBUYMA(バイマ)で事足りるだろう。

PONY STONE(ポニーストーン)のオススメアイテム

ここからは、PONY STONE(ポニーストーン)のアイテムの中で特にオススメしたいアイテムを紹介していく。ビンテージジーンズを使用したアイテムだけでなく、PONY STONE(ポニーストーン)は他アイテムも奇抜で大胆なデザインになっているので是非チェックしてほしい。

-オーバーサイズのシンプルトップス

アッシャートップス

オーバーサイズのアッシャートップスは、デニムシャツとワンピースが合わさったデザインだ。そのままワンピースとしてもよし、ボトムで遊び心も出すことができるオススメアイテムだ。

アッシャートップス/ASHER

-ブランドコンセプトの光るデニムトップス

サイデストップス

PONY STONE(ポニーストーン)のブランドコンセプトである「デニムの新しい可能性」が存分に発揮された代名詞ともいえるトップスが「サイデストップス」だ。どこにもない、被らないトップスと言えるだろう。

サイデストップス/CLYDESTOPS

-シンプルなのに存在感のあるトップス

カールトップス

純白の白を使ったカールトップスは、上半分が存在しない斬新なデザインとなっている。インナー次第で自由自在にコーディネートが楽しめる。

カールトップス/CARL

BLACKPINKが着用するPONY STONE (ポニーストーン)を紹介

PONY STONE (ポニーストーン)はBLACKPINKのメンバーに好まれている。ここではBLACKPINKが着るPONY STONE (ポニーストーン)に着目してアイテムを紹介していこう。

-BLACKPINKのジェニもPONY STONE (ポニーストーン)を着用

BLACKPINKのジェニはPONY STONE (ポニーストーン)のトップスを着用。デニムの切り返しが特徴で、デニムパンツと合わせればセットアップ風に着こなすことができる。

カレントップス/KAREN

-BLACKPINKのリサもPONY STONE (ポニーストーン)を着用

BLACKPINKのリサはPONY STONE (ポニーストーン)のショーツを着用。再構築デニムによる荒さとモードな雰囲気が魅力のアイテムだ。 

ブレークマイベッドシャツ/BREAKMYBED

デニムに賭けるPONY STONE (ポニーストーン)の思い

PONY STONE (ポニーストーン)はデニム生地の可能性を追求し、新たな使い道を考えている。それは安易にリメイクとは呼び難い技術でデニムに息吹を注いでいるのだ。

ただ荒っぽいだけではない計算されたデザインに着目してPONY STONE (ポニーストーン)を体感してみて欲しい。

最後に

PONY STONE(ポニーストーン)は、世界中の著名人に人気のハイブランドだが、その人気は若者の間でも斬新なデザインが話題となり注目されるブランドとなった。

デニムは、世界中で馴染みのある素材でもあり日常的に履いたり着たりすることもあることから注目を浴び現在に至ったのだ。

これからも、PONY STONE(ポニーストーン)は、どんどん進化し新たなデニムを使用したデザインアイテムがでてくるだろう。今後も目が離せないブランドだ。

PONY STONE(ポニーストーン)の関連記事はこちら!

タイ・バンコク発祥PONY STONE (ポニーストーン)が提案する新しい切り口のレディースファッション BLACKPINKも愛用のタイブランドPONY STONE(ポニーストーン)でセレブとお揃いアイテムをゲット 【連載:アジアンストリート】バンコク発・PONYSTONE(ポニーストーン)創立者が貫く真のブランドカルチャー「SHOW ROOMなどの概念はもう、古いのかもしれない」