近代的なユニセックスストリートブランド FREI (フライ)の魅力に迫る。気になる店舗や通販サイト、おすすめのアイテムをご紹介。

近代的なユニセックスストリートブランド FREI (フライ)の魅力に迫る。気になる店舗や通販サイト、おすすめのアイテムをご紹介。

超新星のゴニルがプロデューサーとして携わり、ドイツの元プロサッカー選手で現ファッションデザイナーのユジュらが設立したことで話題のFREI (フライ)を徹底解説していく。 本記事を読めば、FREI(フライ)の詳細情報を手に入れることができるので、最後までチェックしてみて。

アクティブウェアにストリートを融合させたスタイルが人気を呼ぶFREI (フライ)とは?

-ブランドコンセプトは「自由」

ブランド名の「FREI」はドイツ語で「自由」を意味する。FREIは自由になることをコンセプトとして、ファッションを提案している。 そんなFREIは、設立当初からK-POPアイドルや俳優など、多くの韓国セレブに愛用されている。着心地とデザイン性を兼ね備えたクールなスタイルがいまのトレンドにぴったりだ。
 
この投稿をInstagramで見る
 

F R E I(@frei_official)がシェアした投稿

-価格帯

5,000円~20,000円の豊富な価格帯で、一番人気のキャップやTシャツはお求めやすい価格になっている。

-アイテムの特徴

[caption id="attachment_65908" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CSCDGukh3Cm/?utm_source=ig_web_copy_link[/caption] カジュアルウェアを中心にTシャツ、プルオーバーやキャップ、ソックス、スマホケースなど幅広い品揃えで、ストリートムード漂うロゴアイテムが定番だ。

-購買層

ラフで気張らないスタイルが20代の若者を中心に人気を集めている。シルエットやカラー展開からユニセックスで楽しめるため、男女共に人気を集めている。

FREI (フライ)が日本から買える通販サイト

-アジアのブランドをセレクトする通販サイト60%

日本をはじめ、アジア12ヶ国、100以上ものハイエンドなストリートブランドを取り扱うアジアのファッションに特化したオンラインセレクトショップ。FREI (フライ)はじめ日本未上陸のブランド&アイテムが揃っており、最新アイテムが常にサイト内に並んでいる。本場の店舗に並ぶトレンドアイテムは是非チェックして欲しい。SIXTYPERCENTは日本の通販サイトなので、勿論日本語・国内発送も安心して利用可能。
FREI (フライ):公式通販サイト - SIXTYPERCENT

-BUYMA

海外ブランドと言えばのBUYMAには、韓国ブランドも多数取り扱っている。

FREI (フライ)らしさが詰まったオススメアイテムは?

ボックスシルエットやスリット入りのパンツ、プリーツ素材を使った変形スカートといった独自のスタイルに、グラフィックやコレクションタイトルがコラージュされたワッペンといったストリートの要素が融合し、ブランドのテーマでもある自由なプロダクトが特徴である。

-ベーシックこそがFREI(フライ)らしさ

オーセンティックTシャツ FREI(フライ)のアイテムは、そのほとんどが言ってみれば普通。しかし、ベーシックこそFREI(フライ)の良さでニュートラルな気持ちでファッションを楽しむことができる。 オーセンティックTシャツ/AUTHENTICT-SHIRT

-豊富なカラー展開が持ち味のスウェット

オーセンティックスウェットシャツ FREI(フライ)のスウェットはカラー展開が豊富で、必ずと言っていいほどに自分が好きなアイテムを見つけることができる。色とりどりのスウェットをまとめて購入するのもいいのでは。 オーセンティックスウェットシャツ/AUTEHNTICSEATSHIRT

-気軽に穿けるジョガーパンツ

オーセンティックパンツ

室内外ともに着れる便利なジョガーパンツ。場所を問わない気軽さが魅力的なアイテムだ。 オーセンティックパンツ/AUTHENTICPANTS

著名人が着るFREI(フライ)のアイテムを紹介

FREI(フライ)のアイテムはモデルやK-POPスターに着用されることも。ここからは著名人が愛用するFREI(フライ)のアイテムを紹介していこう。

-人気韓国俳優のクォン・シヒョンもFREI(フライ)を着用

[caption id="attachment_65916" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CRkrSS7Lctc/?utm_source=ig_web_copy_link[/caption] 韓国の人気俳優クォン・シヒョンはFREI(フライ)をセットアップで着用。ラフな服装ながら洒脱に着こなしている姿に魅了される。 オーセンティックTシャツ/AUTHENTICT-SHIRT オーセンティックショーツ/AUTHENTICSHORTS

-マルチタレントのジヨンもFREI(フライ)を着用

[caption id="attachment_65910" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CRd6IXMr5jb/?utm_source=ig_web_copy_link[/caption] ジヨンはFREI(フライ)のシックなフーディーを愛用。モノトーンなコーディネートで落ち着きのあるモードストリートに着地させている。

FREI(フライ)のベーシックさは安心感に

今時のファッションブランドは個性化を図ることに心血を注ぎ、奇抜なデザインやロゴに頼りがちだ。しかし、FREI(フライ)の服作りは、それに逆行しているかのようで寧ろ普通であることへのこだわりすら感じる。 [caption id="attachment_65951" align="alignnone" width="800"] https://www.instagram.com/p/CHSff59BTzG/?utm_source=ig_web_copy_link[/caption] 派手で前衛的なデザインの服は確かに周囲のファッションと差をつける重要な役割を担ってくれる。だが、アバンギャルドな装いはそのメッセージ性の強さから着用者自身が疲弊してしまうこともある。そんなとき、あえて大衆に馴染むベーシックな服を纏うことで、気持ちをニュートラルにし、安心感のあるファッションを楽しむのも良いのでは。

最後に

今回はFREI (フライ)についてブランドコンセプトから店舗、オススメアイテムまで紹介したが、まだまだアジアンストリートには魅力的なブランドがいくつも存在する。FREI (フライ)のように気張らないカジュアルなストリートブランド以外にも、自身のファッション感を追及するブランドがきっと見つかるはずだ。 決して気張らない、着心地抜群なFREI(フライ)の優秀なカットソー | 60MAG(シックスティーマガジン) 東京のストリートシーンでも輝く韓国発・FREI(フライ)の定番Tシャツ | 60MAG(シックスティーマガジン) FREI(フライ), HBS(ハノイボーイズスワッグ)などアジアブランドから選ぶ今季のフーディー | 60MAG(シックスティーマガジン)